サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

報道発表資料

更新日:平成29(2017)年4月12日

平成26年度創意工夫功労者の表彰について

発表日:平成26年4月7日

千葉県商工労働部産業振興課

文部科学省では、科学技術に関する研究開発、理解増進等において顕著な成果を収めた者を表彰する科学技術分野の文部科学大臣表彰を毎年実施しています。
この表彰のうち「創意工夫功労者賞」は、県において、「科学技術週間」の期間中(平成26年度は4月14日から4月20日)に伝達式を行っています。
本年度は、県内事業所等において優れた創意工夫によって各職域における技術の改善向上に貢献された9名が受賞することになりました。
伝達式は、下記のとおり開催いたします。

1.表彰の趣旨

工場等の現場において優れた創意工夫によって各職域における技術の改善向上に貢献した者に対する文部科学大臣表彰を県から伝達する。

昭和35年に創設され、本年度は54回目の表彰。

2.受賞者

9名

3.伝達式

(1)日時

平成26年4月16日(水曜日)午前11時から

(2)場所

県庁本庁舎1階多目的ホール

(3)出席者

受賞者、千葉県商工労働部長

(4)式次第

  1. 開会
  2. 賞状伝達
  3. 主催者挨拶
  4. 記念写真撮影
  5. 閉会

平成26年度創意工夫功労者賞受賞者一覧表

番号

ふりがな

氏名

勤務先

業績名

内容

1

ばばのりお

馬場規雄

JFEスチール

株式会社

東日本製鉄所

千葉地区

VODでのアルミ

ワイヤーコイル

使用方法の改善

製鋼ステンレスの二次精錬プロセスでのアルミニウムワイヤーコイルの

断線トラブルを改善し、断線トラブル、廃棄量の削減、設備停止時間の

削減が図られ、17年間の懸案が改善された。

2

さいとうともはる

齊藤智春

3

はやままこと

羽山真

4

うえのゆういち

上野優一

自動車ドアモール

鋼板のコイル内径

溶接作業の改善

圧延ロールを焼鈍する際に横にすることにより

コイル内径が垂れ下がるため、

溶接により防いでいたが、改善により危険な作業や、

溶接部分のロスなくなった。

5

ほんまたくや

本間卓也

出光興産株式会社

千葉製油所

PID制御モジュール

の考案

PIDの各制御ユニット及び出力安全対策ユニットをC言語で開発し、

制御者のノウハウに頼ることなく最適な操作を支援してくれる

システムを開発した。

6

たけだひろし

武田洋

7

わかまつゆきひろ

若松通

8

かわにしかずよし

川西和義

JFEスチール

株式会社

東日本製鉄所

千葉地区

鋼板製品の切捨て

削減による歩留り

の改善

圧延鋼板は自らの加工ラインの持つ設備各所での接触や

鋼板の張力の弱まりにより擦り疵が発生し、その部分の鋼板を

捨てていたが、現場の改善により擦り疵がゼロになった。

9

かさいたかみち

笠井孝通

 

参考

科学技術週間

科学技術に関し、広く国民の関心と理解を深め、わが国の科学技術の振興を図ることを目的として、昭和35年2月に制定された。期間は、毎年4月18日の「発明の日」を含む月曜日から日曜日までの1週間で、今年は4月14日(月曜日)から4月20日(日曜日)。

なお、期間中には県内の公設試験研究機関の一般公開や大学や博物館で講演等の行事が催される。

発明の日(4月18日)

専売特許条例(現在の特許法)が明治18年4月18日に公布されたのを記念し、産業財産権制度の普及・啓蒙を図るため、昭和29年に通商産業省(現在の経済産業省)省議決定に基づいて制定され、同年4月18日に施行された。

お問い合わせ

所属課室:商工労働部産業振興課産業技術班

電話番号:043-223-2718

ファックス番号:043-222-4555

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?