サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年8月13日

精技金型株式会社|千葉県ものづくりネットワーク

モノづくりの原点金型のジャパンブランド(信頼)を通して社会に貢献

企業の紹介

1974年に創業以来、プラスチック射出成形金型の設計・製造を手がけています。
当社では、常に耐久性のある金型と同時に、性能の良い金型を最大の目標として技術の向上に取り組んで参りました。
依頼内容を正確敏速に製品に反映し、お客様の利益最優先をモットーにしています。

事業内容

当社は様々なタイプのキャップ、容器、中栓を始めとし、歯ブラシ、化粧品、文具、医療品、工業部品などのコールドランナー・ホットランナーでの射出成形用金型250tonクラスまでを製作しております。成形サイクル・耐用ショット数の保証など顧客のニーズに合せた金型を提供しており、ファーストトライ230tonまでは社内で実施、テスト品をご確認いただいた後、打合せ、修正、焼入を経て、金型を納品させていただいています。プラスチック射出成形用金型の設計・製造を主体にブロー成形や圧縮成型用の金型にも対応します。

形状例
外ネジ、内ネジキャップ、ピルファー付キャップ、中栓、ヒンジタイプキャップ、容器

用途例
化粧品、食品、薬品、洗剤、文具、雑貨

我が社の自慢

保有技術について

プラスチック射出成形用金型の設計・製造技術全般
金型を用いた製品製造技術についてアドバイスもできます。(鋼材、サイクル他)
射出成形機40ton~250tonクラスまでの金型製造
ホットランナー金型にも対応可能
テスト品と金型をセットで納品

保有設備について

マシニングセンタ(6台)、NC放電(3台)、NCワイヤカット(1台)、NC旋盤(2台)、汎用旋盤(3台)、平面研削(2台)、成形研削、円筒研削、汎用フライス、アルゴン溶接機、レーザー溶接機(各1台)、二次元CAD(6台)、三次元CAD(17台)、二次元CAM(7台)、三次元CAM(5台)

金型作製後社内にての射出テスト

射出成形機80ton、150ton、180ton、230ton(各1台)

企業概要

企業名 精技金型株式会社外部サイトへのリンク
所在地 〒270-1402千葉県白井市平塚2638-5
連絡先 TEL:047-497-1005
URL

https://www.jdmia.or.jp/srvchg/search/popup.php?C_ID=94

認定、受賞等  

 

公益通報、研究活動における不正行為、研究費等の不正使用に対応するため、通報窓口を設置しています。

告発窓口

精技金型株式会社 研究開発推進部
所在地

〒270-1402千葉県柏市若紫178-4-4

東京大学柏の葉キャンパス駅前サテライト308号室

連絡先 TEL:04-7135-5603
メールアドレス yamagishi@seigi-mold.co.jp

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:商工労働部産業振興課産業技術班

電話番号:043-223-2718

ファックス番号:043-222-4555

※掲載企業に関するお問い合わせは、直接企業へお願いいたします。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?