ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年7月14日

千葉新産業振興戦略

千葉県では、この度、国際化の進展・人口減少社会への移行等の課題に対応し、本県経済の成長に向けた具体的な行動指針として平成18年6月に「千葉新産業振興戦略」を策定しました。

戦略においては、本県の地域特性・産業集積を生かしながら、国際競争力のある産業の強化と地域資源を活用した産業の活性化を実現するために、ものづくり、情報通信、バイオ、素材・環境・新エネルギー、物流、食品、観光の千葉県経済のリード役となる産業分野ごとに、新事業の創出、企業誘致、人材育成をより戦略的に実行していくこととしております。

具体的には、7つの重点分野の協議会・研究会等を活用し、研究開発・実用化・販路開拓等の県内企業の取組みを支援していきます。また、年度ごとに、戦略の進捗状況や成果の確認、新たな支援策の検討を継続的に行うことにより、本県経済の活性化を推進していきます。

1.戦略策定の背景

  • (1)世界規模での競争の激化・生産の海外シフト化
  • (2)人口減少・少子高齢化の進展と団塊世代のリタイア
  • (3)三位一体改革の推進・企業が地域を選ぶ時代
    企業にとって魅力的な地域主体による地域産業政策の推進が必要
  • (4)技術革新(イノベーション)の進展
    技術開発・新事業への挑戦が可能な環境整備と支援の充実が必要

2.「千葉新産業振興戦略」のポイント

  • (1)7つの地域の潜在力・可能性の分析とPR
    東葛、千葉、かずさ、京葉臨海地域など本県の7つの地域について、産業集積の現状、大学・研究機関、地域資源等の特性や潜在力を県内外にPRしていきます。
  • (2)7つの重点分野の振興による千葉県独自の産業クラスターの形成と発展
    ものづくり、バイオ、素材・環境・新エネルギー、食品、観光等、重点産業7分野ごとに、今後の方向性や具体的な実行計画を策定し、それを実践していきます。
  • (3)7つのプログラムによる県内企業の支援
    重点7分野を戦略的に推進する協議会の開催、コーディネーターの設置等により産学官連携を進める「ネットワーク形成促進プログラム」、売れる商品づくり、販路拡大を継続的に支援する「販路開拓促進プログラム」等、7つのプログラムによる支援を展開します。
  • (4)政策管理システムの導入
    大学・研究機関、企業、行政の各分野の有識者による「千葉新産業振興戦略会議」の場で、各年度の事業計画の推進状況・成果を確認し、新たな提言・事業の見直しを行います。

3.戦略の推進期間

平成18年度から平成32年度まで

4.「千葉新産業振興戦略会議」の概要

「千葉新産業振興戦略会議」の概要のページ

千葉新産業振興戦略

~産業クラスターの形成と発展に向けた産学民連携・競争・イノベーションの推進~

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:商工労働部産業振興課産業・新エネルギー企画室

電話番号:043-223-2719

ファックス番号:043-222-4555

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?