ここから本文です。

ホーム > 環境・まちづくり > 環境 > 環境政策 > 次世代自動車の普及・促進 > 千葉県次世代自動車充電インフラ整備ビジョン

更新日:平成27(2015)年12月4日

千葉県次世代自動車充電インフラ整備ビジョン

県から重要なお知らせ

千葉県では、国の補助制度である「次世代自動車充電インフラ整備促進事業」を受けて、「千葉県次世代自動車充電インフラ整備ビジョン」(以下「県ビジョン」という。)を策定しました。本ビジョンに基づいて充電インフラを設置する場合には、設備の購入費及び工事費に対して補助を受けることができます。

この事業により首都圏を中心に多数の電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド自動車(PHV)ユーザーが登場することが予想されるため、千葉県では、本ビジョンを活用した充電インフラ整備を促進するとともに、交流人口の拡大などを通じて地域の活性化を図っていきます。

「千葉県次世代自動車充電インフラ整備ビジョン」(PDF:188KB)

なお、「県ビジョン」は産業振興課(千葉県庁本庁舎14階)でも配布しています。

(参考)「平成25年6月27日(木曜日)報道発表資料」

 1.国事業の概要

 (1)26年度補正予算事業の概要について

ア 事業の概要

EVやPHVに必要な充電インフラの整備を加速することにより、次世代自動車の更なる普及を促進するため、充電インフラの購入費及び工事費の一部を補助する。

イ 補助対象

  • ア.自治体等が策定するビジョン(※)に基づき、かつ公共性を有する充電インフラの設置⇒(購入費の2/3+工事費定額)を補助

*「道の駅」は、購入費・工事費ともに定額を補助

  • イ.ビジョンに基づかないが、公共性を有する充電インフラの設置⇒(購入費の1/2+工事費定額)を補助
  • ウ.共同住宅・月極駐車場及び従業員駐車場等への充電器の設置への充電インフラの設置⇒(購入費の1/2+工事費定額)を補助
  • エ.上記以外の設置⇒(購入費の1/2+工事費定額)を補助
  • オ.課金装置の設置⇒(購入費の1/2+工事費定額(課金装置))を補助

※「県ビジョン」を指す。

ウ 公共性を有していることの要件(次の3点を満たすこと。)

  • 充電設備が公道に面した入口から誰もが自由に入れる場所にあること。
  • 充電設備の利用を他のサービス(飲食等)の利用又は物品の購入を条件としていないこと(ただし、駐車料金の徴収は可。)。
  • 利用者を限定していないこと(ただし、会員制などとしていてもその場で料金を払うことで充電器を利用できる場合は条件を満たすものとする。)。

事業の詳細は、一般社団法人次世代自動車振興センターホームページ外部サイトへのリンク をご確認ください。

(2)24年度補正予算事業の概要について

 事業の詳細は、「次世代自動車充電インフラ整備促進事業」(24年度補正予算事業)をご確認ください。

2.県ビジョンの概要(平成27年11月一部改定)

(1)ビジョンの方針

「電欠の防止」及び「地域経済の活性化」を基本方針とし、充電インフラの設置箇所数を市町村単位で設定・管理する。

市町村ごとの設置箇所数(PDF:49KB)

(2)ビジョンの内容

以下の考え方から、県ビジョンにおける総設置箇所数は622箇所とする。

  • ア.電欠防止の視点
    「道路延長」、「交通量」の観点から設置箇所数を配分する。
  • イ.地域活性化など政策的な視点
    防災や地域経済の活性化という観点から、公共施設や観光施設等への設置を想定して、設置箇所数を配分する。

(設置を想定する施設)

  • 県庁、市役所、町村役場等公共施設
  • 道の駅
  • 遊園地、公園等観光施設
  • 大型ショッピングセンター、カー用品店等商業施設
  • ホテル、旅館等宿泊施設など

3.県ビジョンへの適合の確認方法

県ビジョンの要件への適合について、補助金を申請する前に以下の手順による県の確認を受ける必要があります。

県ビジョンの要件への適合について県に確認をうける手順の図

手順1.申請者⇒県

「確認依頼書」(ワード:38KB)をダウンロードして以下の書類を提出する(郵送可)。「確認依頼書」は産業振興課(千葉県庁本庁舎14階)でも配布しています。なお、平成25年12月10日から、従来、提出を必須としていた「設置工事内容が確認できる書類(見積書等)」の添付は任意となりました。

【提出書類】

  • (必須)確認依頼書(押印不要)
  • (任意)設置工事内容が確認できる書類(充電インフラ設置の見積書、契約書等の写しを含む)
  • (必須)設置予定箇所がわかる図面及び現況写真(設置予定場所がわかるよう明示すること)
  • 宛先及び宛名を記載した返信用封筒(確認書(A4サイズ、1枚)の郵送を希望する者のみ。必要な額の切手を貼付すること。)

(参考)県ビジョンへの適合確認依頼に係る添付書類の取扱いについて(PDF:60KB)

確認依頼書の提出先

〒260-8667千葉市中央区市場町1-1

千葉県商工労働部産業振興課産業企画室

「確認依頼書」(ワード:38KB)

手順2.県⇒依頼者

確認依頼書の内容を県で確認したのち、県から申請者あて確認書を通知します。通知方法は郵送か、産業振興課にて手渡しとなります。

県から通知した確認書は次世代自動車振興センターへの補助金申請の際に添付することになります。

なお、確認書の有効期間は、確認書の通知日の翌日から起算して原則30日間となります。確認書受領後は速やかに補助金申請するようお願いします。

4.県ビジョンへの適合の確認状況

これまでの県ビジョンへの確認状況は以下のとおりです。

「確認状況(ビジョンリスト)」(PDF:149KB)(平成27年12月4日現在)

【参考情報】

(1)補助金制度及び県ビジョンの概要版

 「補助金制度及び県ビジョンの概要版」(PDF:200KB)

(2)補助金申請に関する問い合わせ

ア.問い合わせ窓口

一般社団法人次世代自動車振興センター充電インフラ部コールセンター外部サイトへのリンク

電話:03-5501-4412(受付時間は平日午前9時から午後5時まで)

イ.申請受付期間

  • 平成27年12月28日(センター必着。なお、申請の合計額が予算額に達した場合には、補助事業期間内であっても受付を終了する。)

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:商工労働部産業振興課産業企画室

電話番号:043-223-2719

ファックス番号:043-222-4555

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?