ここから本文です。

ホーム > しごと・産業・観光 > 商工業 > 知的財産・デザイン活用 > ちば戦略的デザイン活用塾 > デザイン導入事例:しのはらプレスサービス株式会社

更新日:平成27(2015)年8月31日

デザイン導入事例:しのはらプレスサービス株式会社

ちば・戦略的デザイン活用塾をきっかけとしてデザインの導入に至ったさまざまなケースを紹介します。

デザインの検証
しのはらプレスサービス(株)×千葉大学・中西美和先生

藤田篤志さん2009年度ちば・戦略的デザイン活用塾コンサルティングプログラムにおいて、しのはらプレスサービス(株)さんが千葉大学講師の中西美和氏(現在は慶応義塾大学専任講師)の協力を得て製品の人間工学的な検証に取り組まれました。

 


タッチパネル 支援依頼者:設計開発本部藤田篤志さん(ふじたあつし)
所属会社名:しのはらプレスサービス(株)
業種・扱っている商品分野:

  • プレス機械法令点検代行
  • 保守、安全化工事
  • リビルト・レトロフィット・改造業務
  • 機械移設に伴うエンジニアリング
  • プレス用ロボット開発・製造・販売
  • オーダーメイドプレス開発・製造・販売
  • 安全教育
  • 安全装置販売

支援した専門家:千葉大学・中西美和先生

本プログラムに応募した理由をお聞かせください。

しのはらプレスサービス(株)・藤田さん

近年、機械の操作ではタッチパネルを使用する機会が増えていますが、弊社では同じ機械でもお客様毎にカスタマイズしますので、全く同じものが使用できません。その都度、担当者が工夫し作製していたため、現設計(タッチパネルデザイン)の計画と違った方向へ行く事がありました。そのため、プレス機械に付加するタッチスクリーン型操作盤について、既存製品のGUI※デザインに対する人間工学的な観点からのアドバイスを得たいと考え、本コンサルティングプログラムに応募しました。

※Graphical User Interfaceの略称。コンピュータの画面などユーザーに対する情報の表示に「アイコン」とよばれる絵文字や、画面をスクロールするために「ボタン」をかたどった部分の絵を使ったり、グラフィックを多様することで、直感的に、しかも簡単に操作できるようにしたもの。

どのようなコンサルティングを行なったのでしょうか?

専門家・中西先生

人間工学的視点からの評価結果として、以下2点をフィードバックしました。

  1. タッチスクリーン型操作盤GUIデザインの基本的な設計指針に照らし合わせて、現状デザインの改善可能性を指摘しました。
  2. 対象製品のシミュレータをプログラミングし、大学にて操作性に関する実証実験を行い、実使用場面における問題点を抽出しました。

研究室実験の結果から、産業現場では、オフィスや公共施設とは異なる種々のエラー要因(騒音、照明の明るさ、作業者の注意配分等)が存在するため、スクリーンの設置位置やタッチ方式などに特別な配慮が必要であるということがわかりました。

コンサルティングを受けて改めて気づいた点、改善しようと思った点や課題は何ですか?

しのはらプレスサービス(株)・藤田さん

当初はどの程度理解し評価して頂けるか非常に心配でしたが、「目からうろこ」の部分もあり、先生にはとても感謝しております。今回のコンサルティングを受けたことで、社内でも共通の認識が出来ると思います。

ご指摘を受けた部分について、社内で検討し改善をしたいと思います。タッチパネルはボタンとの配置、カウンタなど簡単に配置できるので製作社側から見るととても便利なものですが、使い手から見ると複雑なものとなってしまう。コンサルティングのなかで先生がおっしゃっていた様に"気持ちよく使って頂く"ために、作業環境から使用者までを考えたもの作りをしたいと思います。装置の規模、金額等によりますが、画面の大きさ、画面階層をどの程度に収めるかが今後の課題だと思っています。

今後に向けてのアドバイスはありますか?

専門家・中西先生

今回のコンサルティングでは既存の知見に基づく評価を重点におきましたが、今後産業現場におけるタッチスクリーン型操作盤GUIデザインとしてのあり方を具体的にガイドライン化することができれば、支援先企業において、既存の製品の改善にとどまらず、新たなビジネスソリューションの提案に繋がる可能性があるといえるでしょう。

今後の抱負をどうぞ!

しのはらプレスサービス(株)・藤田さん

現在、搬送装置でタッチパネルを使用する制御盤を計画しています。今回ご指摘を受けた点をふまえ、そして今後も専門家方の助力を得ながら、質の高い製品・サービスの開発に努めていきたいと考えています。また、タッチパネルデザインの方法について社内規格を作成し、社内外にPRできればと考えています。

※実証実験の実施は付加的な支援として、支援対象者と専門家の事前協議により実現したものです。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:商工労働部産業振興課産業技術班

電話番号:043-223-2718

ファックス番号:043-222-4555

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?