ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年2月26日

デザイン導入事例:有限会社covers.nu

ちば・戦略的デザイン活用塾をきっかけとしてデザインの導入に至ったさまざまなケースを紹介します。

自由な発想とのコラボでユーザの『デザインする楽しさ』を提供する製品づくり

植木鉢イメージ有限会社covers.nu(カヴァーズ・エヌユー)の伊東さんは、2007年度ちば・戦略的デザイン活用塾受講生です。塾の個別相談会にて、千葉工業大学工学部デザイン科学科の赤澤智津子助教に相談をしたことをきっかけに、産学連携による自社製品のデザインに取り組まれました。以下、取組の内容・効果などについて伊東さんにうかがいます。

 

 

 

 

事例紹介者データ

伊東美惠子さん
紹介者:伊東美惠子さん(いとうみえこ)
所属会社名:有限会社covers.nu(千葉県四街道市)
業種・扱っている商品分野:植木鉢・フラワーベース等の製品企画

 

 

 

取組内容】

どのような内容の産学連携をされたのでしょうか?

自社製品の外観デザイン提案について取り組みました。

取組に至った理由産学連携のデザインに取り組もうと思ったのはなぜですか?

ちば・戦略的デザイン活用塾を受講した際、学生と一緒にデザインや商品コンセプトを考えるカリキュラムがあり、その自由な発想力に可能性を感じました。弊社は開発製品をグッドデザイン賞に出すことを常としており、2008年度は新製品「プランツ・ファウンデーション※」の応募が確定していたことから、製品の外観デザインに斬新でフレッシュな感覚を反映できないかと思い、個別相談会で千葉工業大学の先生に相談したのがきっかけです。

※ウォーターストッパーで容器内の余剰水分の排出封止を行う機能性栽培容器。水受け皿を必要としないことから形状デザインの自由度が高い。

取組の成果産学連携において、得られた成果はいかがでしたか?

デザイン性を高めるという弊社の希求に対し、学生からはこちらの予想を上回る、「『植木鉢』という製品の概念を払拭する形状」の提案がなされました。それにより、この「カタチ」をどうやって作るか?という新たな課題が生まれましたが、却って是非とも実現させたいという思いに繋がったことで、素材や製造方法が精査され、結果よい製品が出来たと思います。嬉しい誤算でした!

その後、デザインの検討を重ねて最終的に3パターン製作。これらはグッドデザイン賞にノミネートされ、東京ビックサイトで開催された「グッドデザインエキスポ2008」に出展しました。来場者の評判も上々でした。

最後に、この取組を受け、今後のご予定などがあれば教えてください。

現在、グッドデザイン賞に出品した中から汎用性のあるデザインを商品化しているところです。エンドユーザへの販売の他、フローリストや雑貨店、イベント関連の企業とのコラボレーションが進行しています。今後、知財制度(PCT国際特許出願中)を上手く活用しながら、自社事業の柱にしていきたいと思います。

支援を行った専門家にうかがいました

大学ではどのような手順・手法でデザイン提案が進められたのですか?

赤澤助教
千葉工業大学工学部デザイン科学科赤澤智津子助教(当時の役職を表記)

今回実施した手順は、

  1. 企業の側からの説明、サンプル、部材の提供
  2. 研究室10数名の学生によるアイデア展開"section">

    についての検討を行い、最終案としました。

    前半のアイデア展開においては複数の学生が関わり、後半は主担当として4年生が、グッドデザイン賞申請の撮影、書類作成を含め作業を行いました。全体の進行は学生の代表2名(4年生)+教員で行いました。(今回は製品の全体構成がスタート時に大まかに決まっていましたが、通常は初期段階での調査に時間とウエイトをかけています。)

    大学での演習では、具体的に「売る」ことに取り組む機会が少ないため、中小企業の方と連携して進める取り組みは学生にとっても意義のあるものになっています。特に今回は製造の場や、最終製品に至るプロセスを共有できたことが良い経験になったと思います。

    また、売るためには製品のデザインだけでなく、企画段階からディスプレイ、パッケージデザインを含めた『線』で考える必要があると思います。とくに今回の商品の場合、商品だけを見ると用途がイメージしにくい、という難しさがありますので今後パッケージを含めた検討が必要と考えています。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:商工労働部産業振興課産業技術班

電話番号:043-223-2718

ファックス番号:043-222-4555

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?