サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > しごと・産業・観光 > 商工業 > 中小企業への技術開発支援 > 産業支援技術研究所 > 講習会・研修制度-産業支援技術研究所 > 材料技術講習会・地域オープンイノベーション促進事業機器利用促進セミナー(平成26年度経済産業省補正予算事業)「ラマン分光分析装置の紹介と実演」:産業支援技術研究所

更新日:平成28(2016)年2月8日

材料技術講習会・地域オープンイノベーション促進事業機器利用促進セミナー(平成26年度経済産業省補正予算事業)
「ラマン分光分析装置の紹介と実演」:産業支援技術研究所

地域オープンイノベーション促進事業(経済産業省平成26年度補正予算事業)は、地域のイノベーション促進を図るため、地域の中核的な試験研究機関(公設試及び大学等)の機器整備などを行う事業です。関東圏と関西圏の広域連携による医療機器産業への参入支援のため、当所へ顕微ラマン分光分析装置が導入されました。この度、当所に導入された装置について、性能等の特徴をより具体的に理解頂き、皆様方により一層ご利用いただくため、下記の要領にて講習会を開催しますのでご案内申し上げます。

1.日時

平成28年3月2日(水曜日)午後1時から午後4時30分まで

2.開催場所

千葉県産業支援技術研究所・天台庁舎

〒263-0016

千葉市稲毛区天台6-13-1

アクセス

3.内容

  1. 座学:「ラマン分光の基礎と測定事例」
  2. 実演:「ラマン分光測定の実際」

利用機器

顕微ラマン分光分析装置(株式会社堀場製作所:LabRAM HR evolution UV-VIS-NIR)
ラマン分光法は物質にレーザなどの単色光を照射したときに発生するその物質固有の散乱光をスペクトルとして測定し、その分子・結晶構造に関する情報を得る分析方法です。
特にこのラマン分光は有機、無機材料の結晶構造の違いを容易に調べることができるため、カーボンナノチューブやDLC膜などの炭素材料や半導体材料、リチウムイオン電池、医薬品やポリマーなど幅広い分野での応用が可能な装置です。

4.講師

株式会社堀場テクノサービス

アプリケーションエンジニア 沼田朋子氏

5.定員

20名(先着順で定員になり次第締め切らせて頂きます。)

6.受講料

無料

7.お申し込み方法

下の関連資料「開催案内(申込書付き)をダウンロードしていただき、申込書に必要事項を御記入の上、ファクシミリで2月26日(金曜日)までにお申し込みください。
受講票は発行しておりません。定員を超過した場合のみ御連絡させていただきます。

FAX:043-254-6555

8.試料募集

実演での測定でラマン分光分析装置により分析したい試料を募集いたします。ご希望の方は2月19日(金曜日)までに下の「問い合わせ先」担当者までお電話ください。

  • (1)お受けできる試料の数には限りがございます。
  • (2)試料の種類によってはお受けできない場合がございます。
  • (3)試料は出席者に公開されます。

9.お問い合わせ先

千葉県産業支援技術研究所 材料技術室 担当者:吉田・西村
TEL:043-252-2106

後援:千葉県複合材料技術研究会

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:商工労働部産業支援技術研究所材料技術室 担当者名:吉田・西村

電話番号:043-252-2106

ファックス番号:043-254-6555

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?