ここから本文です。

ホーム > イベント情報 > イベント・講座・セミナー > 【開催終了】平成29年度千葉県産業支援技術研究所研究成果発表会の開催

報道発表資料

更新日:平成29(2017)年7月27日

この催し(又は募集)は終了しました。

【開催終了】平成29年度千葉県産業支援技術研究所研究成果発表会の開催

平成29年6月28日
千葉県産業支援技術研究所
担当:プロジェクト推進室
電話:043-231-4326

千葉県産業支援技術研究所は、技術相談、試験・機器の貸し出し、依頼試験等を通じて、ものづくり企業を中心とした皆さまの技術支援に取り組んでいる公設機関です。
このたび、私ども研究所を広く知っていただくために、研究成果の発表や最近導入した最新機器の見学会を行いました。また、最近話題になっているIoTをテーマとした「招待講演」を行いました。

開催日時

平成29(2017)年7月26日 (水曜日)午前10時から午後4時30分まで

募集期間

平成29(2017)年6月28日から平成29(2017)年7月24日 ※定員になり次第締め切らせていただきます。

開催場所

名称 千葉県産業支援技術研究所・天台庁舎(本館1階)
住所 千葉市稲毛区天台6-13-1
電話 043-252-2101
Email sanken@pref.chiba.lg.jp
ホームページ 千葉県産業支援技術研究所・天台庁舎所在地

募集人数

発表会・講演会:定員50名
見学会:定員30名

内容

1.研究成果発表会
■セッション1[午前10時から午前11時]
(1-1)『非接触三次元形状測定機の試行と活用法の検討』
(1-2)『環境反応型イルミネーション装置の開発』
(1-3)『金属空気電池および燃料電池のための窒素ドープカーボンナノ粒子触媒』
(1-4)『吸水後に拡張および硬化するゼラチンスポンジの開発』
■セッション2[午前11時から午前12時まで]
(2-1)『千葉県産生乳に適した製造工程に関する研究』
(2-2)『超高圧水中衝撃波を利用した醸造製品の火入れ代替技術に関する研究』
(2-3)『県産落花生を資材とした機能性成分の解明とその利用化技術の探索』
(2-4)『フレーバー評価技術の確立による製品の高付加価値化と品質管理への応用(第2報)』
■セッション3[午後1時から午後1時45分まで]
(3-1)『新素材傾斜材料による汚染のない超音波ホモジナイザーの開発』
(3-2)『窒化処理鋼の疲労強度に及ぼす表面化合物層の影響』
(3-3)『メカニカルコーティングによる光触媒の成膜に関する研究』

2.講演会
(1)招待講演
演題『知っておきたいIoTの基礎「IoT適用領域と活用ポイント」
    ~IoTデザインセンターの取り組みと事例のご紹介~』(60分)
講師:富士通クラウドテクノロジーズ株式会社
     IoTビジネスデザイン部 IoTコンサルタント 加藤大己 氏
講演概要
 世の中のあらゆるものがネットワークにつながる「IoT」。昨今の飛躍的なテクノロジーの進化によって、IoTをビジネスに活用する動きが高まっています。さまざまな分野で活用が期待されていますが、活用の幅が広い分、具体的にどう取り組めばいいか、悩む声も多く聞かれます。
 本講演では、「そもそもIoTとは何か?M2Mとの違いは?」、「IoT活用のポイントは?」、「実際に他社はどのようにメリットを出しているのか?」、これらの疑問について、富士通クラウドテクノロジーズ株式会社で、広くIoT市場のマーケティングから、クライアント企業の支援事業までを展開する「IoTデザインセンター(iot.nifty.com)」の方をお招きし、ご講演いただきます。

(2)取組紹介
『千葉県産業支援技術研究所におけるIoT分野の取組紹介』(15分)
説明者:千葉県産業支援技術研究所 
IoTプロジェクトサブリーダー 生産技術室 大谷大輔

3.見学会[午後3時30分から午後4時30分まで]
(1)非接触三次元形状測定機

(2)三次元造形装置
 1)インクジェット式積層造形装置
 2)切削式三次元モデリングマシン

(3)顕微ラマン分光分析装置

(4)マイクロビッカース硬さ試験機

(5)小型環境試験機

費用

無料

お問い合わせ

所属課室:商工労働部産業支援技術研究所プロジェクト推進室

電話番号:043-231-4326

ファックス番号:043-233-4861

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?