ここから本文です。

更新日:平成27(2015)年3月3日

平成22年度新規導入・更新機器設備

平成22年度に以下の機器設備を新規に導入・更新いたしました。

1.複合材料評価システム

(1)高速顕微赤外イメージング装置

赤外光を使用して有機物の特性を分析する装置で、顕微鏡による微小部分の分析や高速なイメージング測定を行うことができます。

FTIRの外観1 FTIRの外観2

詳しい情報は、機器設備:赤外分光分析装置または赤外分光分析装置+顕微をご覧ください。

JKAの補助事業バナー外部サイトへのリンク オートレースへのリンク外部サイトへのリンク

この機器設備は財団法人JKA外部サイトへのリンクの競輪・オートレース売上金による機械工業振興補助事業により整備しました。

(2)三次元マイクロスコープ

本機は対象物を拡大して表示する装置です。顕微鏡に比べて被写体深度が20倍以上も高く、凹凸の大きな対象物でも鮮明に観察することができます。
また、表示した画像をデータとして処理することができ、三次元表面形状を確認することもできます。

三次元マイクロスコープの外観

詳しい情報は、機器設備:三次元マイクロスコープをご覧ください。

JKAの補助事業バナー外部サイトへのリンク オートレースへのリンク外部サイトへのリンク

この機器設備は財団法人JKA外部サイトへのリンクの競輪・オートレース売上金による機械工業振興補助事業により整備しました。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:商工労働部産業支援技術研究所プロジェクト推進室

電話番号:043-231-4326

ファックス番号:043-233-4861

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?