ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年8月7日

受託試験-産業支援技術研究所

産業支援技術研究所では、経済産業省事業を広域首都圏(関東甲信越静1都10県1市)公設試験研究機関と連携して活用し、機器設備の導入を図っています。
これら設備を活用した試験について「受託試験」により運用していますので、様々な分野の技術開発に是非ご利用ください。

受託試験について

小企業の技術向上や製品開発等の支援のため、経済産業省事業により導入した機器設備を活用した各種試験・分析等を有料で承り、成績書を発行する「受託試験」を実施しています。
託試験をご希望の際には、事前に担当室までお電話でご相談ください。

受託試験など当研究所業務において、職員には地方公務員法第34条第1項が適用され、守秘義務が課されています。安心してご活用ください。

験・分析の方法や試験項目と手数料、試験の日時、試料(または試験片)の形状等について打ち合わせをさせていただきます。

受託試験のご利用方法

受託試験の手続

依頼試験の手続と同様の流れです。こちらをご確認ください。
依頼試験の手続

受託試験区分及び料金

千葉県産業支援技術研究所・受託試験手数料表(PDF:59KB)

※額には、消費税が含まれています。

区分

単位

表面試験 走査型電子顕微鏡試験 写真 1試料1枚まで

8,120円

1枚を超え1枚を増すごとに

2,280円

定性分析 1試料1測定まで

10,630円

1測定を超え1測定を増すごとに

3,610円

面又は線分析 1試料3元素まで

11,870円

3元素を超え1元素を増すごとに

3,290円

走査型電子顕微鏡試験-EBSD法による結晶方位解析 1試料1測定まで

22,450円

1測定増すごとに

10,700円

分析試験 定性分析 顕微ラマン分光分析 1試料1測定まで

6,740円

1測定を超え1測定を増すごとに

3,640円

顕微ラマン分光面分析 1試料1測定まで

15,690円

1測定を超え1測定を増すごとに

11,290円

試料調整 各試験に係る微小試料の切断・研削 1試料につき

2,020円

各試験に係る微小試料の研磨 1試料につき

4,840円

各試験に係る試料のミリング 1試料につき1時間まで

2,080円

1時間を超え1時間を増すごとに

780円

証明手数料 1通につき

400円

問合先

担当室:材料技術室
電話:043-252-2106

要綱及び様式

受託試験の対象となる機器設備

走査型電子顕微鏡システム

経済産業省平成24年度補正予算事業「地域新産業創出基盤強化事業」を活用し、中小企業の海外展開支援などを目的として導入されました。

電子線後方散乱回折システム

経済産業省平成25年度補正予算事業「地域オープンイノベーション促進事業」を活用し、関東地方の戦略分野である「航空機関連産業分野」への参入支援などを目的に導入されました。

顕微ラマン分光分析装置

経済産業省平成26年度補正予算事業「地域オープンイノベーション促進事業(戦略分野オープンイノベーション環境整備事業)」を活用し、関東圏と関西圏の連携による「医療機器産業競争力の強化」を目的に導入されました。

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:商工労働部産業支援技術研究所材料技術室

電話番号:043-252-2106

ファックス番号:043-254-6555

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?