サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年3月9日

有限会社馬場工業所(千葉県千葉市)|専門校修了生就職先企業訪問

仕上げ技術に一目

有限会社馬場工業所は、長い歴史と伝統のある左官業のなかでも、特に「仕上げ技術」(最後に行う塗りの工程)に定評のある会社です。代表取締役の馬場弘一社長は、仕上がった壁を「作品」と呼ぶなど職人としての誇りと気質に溢れた方でした。

こちらの会社には、東金高等技術専門校左官技術科の修了生中村さん(入社2年目)と石川さん(入社1年目)の2名の方が入社され、すでに現場で活躍されています。

馬場工業所集合

左奥が社長の馬場さん、右奥がベテラン職人の高橋さん、手前左が修了生の中村さん、手前右が修了生の石川さん

現在、左官業界は大変な若手不足にあえいでいるそうで、そんななか「『塗り』の技術を持たせて若い人を業界に送り出してくれる左官技術科の存在は非常に貴重だ」と話してくださいました。

最近は、あえて凸凹にしたりクシで引いたような模様を付けた手仕上げのおしゃれな外壁が増えているうえに、シックハウス症候群の原因となるクロス(壁紙)を貼った壁を嫌い、子供部屋だけでも漆喰や珪藻土(けいそうど)などの塗り壁(内壁)にしたいという人も多く、左官職人はますます必要なのだそうです。

修了生のお二人は高等技術専門校で学んだことを活かし、すでに下塗りや中塗りといった作業はもちろん、一番大事な上塗り(仕上げ)の作業にもチャレンジされているようです。

中村さんは「将来、お客さんからも他の職人さんたちからも認めてもらえるきれいな壁が塗れるようになりたい。」石川さんは「何十年も残るものだから、難しい分やりがいがある。将来は、今はすたれてしまった昔ながらの工法のものも新しいものとして、受け継ぎ残していきたい。」と、とても頼もしい言葉に、馬場社長の若手育成の技術と熱意を感じた会社でした。

左は作業中の修了生石川さん、右は作業中の修了生中村さん

※掲載記事の内容は、掲載当時のもののため、現在とは異なる場合があります。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:商工労働部産業人材課職業能力開発班

電話番号:043-223-2754

ファックス番号:043-221-3730

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?