ここから本文です。

更新日:令和3(2021)年11月12日

ページ番号:8729

林地開発許可事務┃北部林業事務所

林地開発とは

森林を伐採し、宅地・工場・資材置場・太陽光発電施設等の森林以外の用途に転用したり、切土・盛土等による土地の形質を変更する行為です。森林の有する公益的な機能を保全し、土地の適正な利用を図るため、これらの行為を実施する際には、その面積に応じて、森林法第10条の2による知事の許可、又は千葉県林地開発行為等の適正化に関する条例第18条による届出が必要です。

対象となる森林

許可の対象となる森林は、知事が樹立する地域森林計画の対象となる民有林で、下記の森林(これらの森林の開発には林地開発許可制度とは別の許可手続が必要)を除く民有林です。

  • 保安林(森林法第25条)
  • 保安施設地区(森林法第41条)
  • 海岸保全区域内の森林(海岸法第3条)

対象となる森林は、ちば情報マップ(森林のマップ)で確認できます。

林地開発許可制度

1.0ヘクタールを超える森林の開発行為(林地開発行為)は知事の許可が必要です。

許可の基準

森林の有する公益的機能が損なわれることがないかどうか次の基準により審査します。なお、各基準の詳細については、千葉県林地開発許可審査基準(PDF:362.1KB)をご参照ください。

災害の防止

土砂の流出又は崩壊その他の災害を発生させるおそれがないこと

水害の防止

流域内に水害を発生させるおそれがないこと

水の確保

地域で利用される水の確保に著しい支障を及ぼすおそれがないこと

環境の保全

周辺の環境を著しく悪化させるおそれがないか

許可に係る手続

新たに林地開発行為を行う場合は、林地開発行為事前協議書の提出が必要となります。また、許可を受けた者は、各種届出等を行うことが義務付けられています。林地開発行為事前協議、林地開発許可申請、各種届出等の詳細(必要な書類等)については、林地開発許可申請の手引をご参照ください。

小規模林地開発届出制度

0.3ヘクタール、1.0ヘクタール以下の開発行為(小規模林地開発行為)をしようとする者は、開発を開始する日の90日から30日前までの間に、知事に届け出る必要があります。

届出書の内容確認

届出を受け付けた後、届出があったことを関係する市町村に通知するとともに、行おうとする小規模林地開発行為が森林の有する公益的機能の維持に支障を及ぼすものではないか、届出内容を確認し、必要な指導を行います。

届出の手続

小規模林地開発行為の届出をした者は、各種届出等を行うことが義務付けられています。小規模林地開発の届出等の詳細(必要な書類等)については小規模林地開発行為の手引をご参照ください。

手続の内容及び提出先

「森林法第10条の2の規定による開発許可」、「同法第10条の8の規定による伐採及び伐採後の造林の届出」及び「千葉県林地開発行為等の適正化に関する条例第18条第1項の規定による小規模林地開発行為届出」の関係は次のとおりです。

行為面積別手続一覧

行為

面積

手続の内容

提出先

開発
(土地の形質の変更)

0.3ha未満

伐採及び伐採後の造林の届出

市町村

0.3ha以上1.0ha以下

伐採及び伐採後の造林の届出

市町村

条例による届出

林業事務所

1.0haを超えるもの

林地開発許可

林業事務所

伐採

すべての立木伐採について

伐採及び伐採後の造林の届出

市町村

小規模林地開発行為届出及び林地開発許可申請等の手続きを実施する場合は、林業事務所へご相談ください。

なお、相談にお越しになる際には、お電話等で、事前にご連絡くださいますようお願いいたします。

 

お知らせ

政策評価

現在該当なし

お問い合わせ

所属課室:農林水産部北部林業事務所森林管理課   担当者名:林地開発担当

電話番号:0475-82-3121

ファックス番号:0475-82-4463

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?