ここから本文です。

更新日:平成27(2015)年8月27日

海岸県有保安林の管理

旭市から一宮町までの海岸地域には古くから人の手で植えられ、人々の暮らしを守ってきた松林があります。(海岸県有保安林の概要のページへ

その多くが県有保安林で、合計面積は約640ヘクタールです。これらの保安林は「飛砂の防備」、「潮害の防備」、「公衆の保健」の3つの目的で指定されています。

北部林業事務所では、保安林の健全な育成を図り、指定目的を達成するための適正な維持・管理を行っています。

海岸県有林管理事業

境界柵の設置や補修、不法投棄防止柵の設置、支障木の処理や刈払い、塵芥処理を行っています。

境界柵

森林病害虫防除事業

全国的に蔓延している松くい虫の被害から海岸林を守るための薬剤散布と被害木の伐倒駆除を行っています。
→詳しくは「松くい虫について」のページへ

海岸県有保安林の中で見ることができる花です。

ハマヒルガオ
ハマヒルガオ

花期は5~7月です。砂浜のある海岸で自生していて、日本全土に分布しているそうです。この写真は旭市で撮影しました。

ハマエンドウ
ハマエンドウ

花期は3~7月で、日本全土に分布しているそうです。この写真も旭市で撮影しました。

テリハノイバラ
テリハノイバラ

花期は6~7月です。本州、四国、九州に分布しています。実は赤くてかわいいです。この写真は一宮町で撮影しました。

 

 

 

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:農林水産部北部林業事務所森林管理課

電話番号:0475-82-3121

ファックス番号:0475-82-4463

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?