サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 相談・問い合わせ > よくある質問 > QA(しごと・産業・観光) > 農林水産業 > 市民農園はどのような条件で利用してもらったら良いでしょうか。

更新日:平成29(2017)年9月2日

市民農園はどのような条件で利用してもらったら良いでしょうか。

質問

市民農園はどのような条件で利用してもらったら良いでしょうか。

回答

【特定農地貸付けの場合】
ア)利用期間は5年以内、イ)1区画の利用面積は10アール未満、ウ)営利を目的とした作物の栽培でないものとする必要があります。なお、これらの要件は利用者一人あたりに係るものです。また、期間満了時に更新を行うことは可能です。

【農園利用方式の場合】
「特定農地貸付け」の場合に準じて考えると良いでしょう。

【利用料】
利用料については、上限を定めるとか、一定額とするような制限は特にありませんが、農園の円滑かつ効果的な利用を考えれば、著しく高額とならないようにする必要があります。

【利用方法】
利用に当たっての制限は必要最小限とするのが良いでしょう。
利用に当たっての必要最小限の合理的な制限の例としては、次のようなことが考えられます。
(1)建物及び工作物などの設置は認めないこと。
(2)利用者とその家族以外の人に利用させないこと。
(3)利用者が農作業を行わなくなった場合は利用をやめてもらうこと。
などです。

お問い合わせ

所属課室:農林水産部農地・農村振興課地域振興班  

電話番号:043-223-2858

ファックス番号:043-225-2479

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?