サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年11月9日

マルチ処理によるナシ幼木の生育促進

1.はじめに

ナシの改植では、定植した苗木の初期生育を促すことが重要です。農林総合研究センターでは、定植した苗木の株元に農業用ポリエチレンフィルムで被覆(マルチ)することで、樹の初期生育を向上させる方法を開発しました。今回は、その効果と方法を紹介します。

2.マルチ処理の効果

新梢生育が慣行(稲ワラを株元に敷いた樹)と比べ2倍以上になり、それに伴い葉数も増加します。その結果、光合成が活発になり、貯蔵養分が増加すると考えられます。

初期の細根発生量が慣行と比べ1.8倍になり、活着が良好になります。

主幹部の肥大が慣行と比べ1割程度増大します。これは、樹内の貯蔵養分が増加していることが原因と考えられます。

生育が促進された要因として、地温上昇と土壌中の硝酸態窒素含量の増大が挙げられます。

いや地現象が発生する改植圃場でも、マルチ処理をすることで新植圃場に植えた場合の8割程度まで生育が回復します。

樹の生育に伴い、初期収量も慣行と比べ1.9倍に増加します(大苗の定植2年目の試験事例)。

マルチ処理

マルチ処理

慣行

慣行

3.マルチ処理の方法

処理の手順は、下の写真に示すように、まず被覆範囲を決め、その周りに溝を掘ります。次に、被覆範囲全体に施肥を行います。その上から農業用ポリエチレンフィルム(透明、厚さ0.02mm)を被せます。最後に、フィルムの端を溝の中に入れて土で固定します。溝を掘る代わりに、固定ピン(黒丸君など)でフィルムを固定しても良く、この場合には作業負担が大幅に軽減できます。

溝を掘る

1.溝を掘る

施肥する

2.被覆範囲全体に施肥

被覆する

3.フィルムで被覆

被覆する範囲については、1年生苗木を定植する場合は、1年目が縦横0.5m、2年目が1m、3年目が1.5mとします。大苗(2年育成)を定植する場合には、1年目が縦横1.4m、2年目が2mとします。

施肥は、ロング413(溶出期間270日、ジェイカムアグリ株式会社製)等のコーティング肥料を用いて、年間窒素成分量の70%をマルチの下に施用します。

被覆時期は、遅霜の心配がなくなった後がよく、農林総合研究センターでは4月20日前後に実施しています。なお、マルチ処理は、春根が伸長する4月後半までに地温を上げないと効果がないため、処理時期が遅くならないように注意してください。

マルチは11月にはがし、翌年も実施する場合はその都度新しい資材で被覆します。

被覆後の潅水は基本的に不要ですが、6~7月以降に乾燥が激しい場合はマルチの隙間から行ってください。なお、定植当年の被覆前2~4月は2週に1回程度潅水してください。

4.注意点

マルチ処理の効果は、黒ボク土において確認していますが、その他の土壌で処理した場合の効果は現在調査中です。

本技術は苗木を定植して1年目から処理することが前提です。また、マルチ処理は、定植2、3年目まで継続して行うと効果的です。

 

初掲載:平成30年11月

農林総合研究センター果樹研究室

上席研究員

戸谷智明

電話:043-291-9989

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:農林水産部担い手支援課専門普及指導室

電話番号:043-223-2911

ファックス番号:043-201-2615

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?