サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:令和2(2020)年1月31日

半促成メロン栽培のポイント

1.はじめに

無加温パイプハウスやトンネルを用いた半促成メロン栽培(代表的な品種:「アムス」、「タカミ」)において、最も重要なことは収穫期に萎れを発生させない事です。収穫期の萎れは、収量及び品質の低下につながります。

萎れの原因は、ホモプシス根腐病、黒点根腐病、ネコブセンチュウ等の土壌病害虫が主な原因ですが、萎れ対策には土壌消毒等により病害虫密度を減らすだけでなく、栽培管理や栽培環境を見直すことも重要です。

2.栽培のポイント

萎れを発生させないための栽培のポイントは、(1)良質苗の確保、(2)初期生育の確保、(3)適切な交配、(4)草勢の維持の4つです。

(1)良質苗の確保

老化した苗や徒長した苗は、初期生育が劣りますので良質苗を定植します。

徒長、老化を防ぐために、適切な温度管理を行い、ずらしを行って徒長を防止し、根鉢が回りきる前に適期定植に努めましょう。

(2)初期生育の確保

<1>地温の確保(定植前)

早めにマルチとトンネルを張り、地温を上げておきます(深さ20cmで18℃以上が目安)。

本圃の地温を育苗床の地温より高くしておくことで、定植後の活着がスムーズになります。

<2>土壌水分の確保(定植前)

ベッドを作る前(前作のマルチを使う場合は定植前)にかん水しておきます。

定植後に潅水をすると、地温が下がり、根張りが悪くなるので定植後の潅水は極力避けます。

ただし、不耕起で前作のトンネル、マルチを利用する場合には土壌の乾燥に注意が必要です。

<3>適切な換気を心がける(定植後)

定植後1週間は気温35℃、紙キャップ除去後は30℃を目安に換気します。

日中は積極的に換気することで、地上部の過繁茂を防ぎ、根張りの充実を図ります。

高温管理では、生育は早く進みますが、地上部の生育に比べ根張りが悪くなり、収穫期の萎れにつながります。

(3)適正な交配

低節位での着果は、着果負担が大きく萎れにつながりますので、適切な節位で着果させます。

また、交配は節位だけでなく、草勢も見て判断します。

草勢が弱い状況で、無理に12節前後で着果させると、その後の着果負担に耐えられず、結果的に草勢の低下と萎れを招きます。草勢が弱い場合は無理に着果させず、着果節位を上げます。

節数はあっても、葉が小さければそれだけ光合成の能力は劣ります。茎の太さ、葉の大きさ、孫づるの生育などから総合的に草勢を判断し、着果させましょう。

(4)草勢の維持

着果後、草勢が弱ったら早めに摘果を行い、着果負担を軽減します。

側枝を一気に取り除く等、強い整枝は草勢の低下を招きます。

側枝を残すことで草勢を維持することもできます。

遮光することで、萎れを軽減することができますが、早期からの遮光は糖度の低下を招きますので注意が必要です。

写真1急性萎凋症の様子

写真2遮光の様子

 

初掲載:平成29年2月
海匝農業事務所
改良普及課
普及指導員茂田雅記
電話:0479-62-0334

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:農林水産部担い手支援課専門普及指導室

電話番号:043-223-2913

ファックス番号:043-201-2615

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?