サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:令和元(2019)年11月18日

若手農業者が結集.稲WCS収穫作業受託法人設立

1.長生地域の稲WCS生産

長生地域での稲WCS(稲ホールクロップサイレージ)生産は、平成24年に茂原市で初めて行われ、翌年の平成25年には,コントラクター(作業受託組織)による収穫調製作業が始まりました。

輸入飼料が高騰し、安定して安い飼料を確保したい畜産農家と、米価が低迷する中で作業の省力・分散を図り、助成金を活用し所得につなげたい稲作農家が結びつき、その生産面積は急速に拡大しています。今年度は約73ヘクタールになる見込みです。(表1参照)

長生地域では、現在2つのコントラクターが収穫調製作業を行っています。
ここでは、そのうち、昨年から活動を開始した農事組合法人長生WCS生産組合の取組を紹介します。

表1長生地域における稲WCS生産面積およびコントラクター数
年度 H24 H25 H26 H27 H28※
生産面積(ヘクタール) 7 11 27 62 73
コントラクター数
(作業受託組織)
0 1 1 2 2

※H28年度は見込み

2.コントラクターの設立

長生村では、平成26年には10ヘクタールの稲WCSが生産されていましたが、米価低下が進み、面積をさらに増やしたいとの要望がありました。しかし、長生地域にはコントラクターは1つしかなく、これ以上の作業受託は難しい状況にありました。

そこで、長生村の稲WCSの収穫調製作業を受託するために、若手農業者5人が、農事組合法人長生WCS生産組合を設立しました。

組合員5人のそれぞれの家では、稲作の他にネギ栽培や酪農などの経営をしています。日ごろから担い手同志として交流をしてきており、長生村の農業を魅力あるものにしたいと結集しました。

3.長生村での取り組み内容

(1)長生地域の稲WCS生産体制について

図1に示すように、長生村では、稲WCS栽培をする稲作農家は、長生WCS生産・出荷協議会に加入します。出荷協議会と(農)長生WCS生産組合が契約をし、収穫調製作業を受託します。できた稲WCSは、酪農家の自家利用を除く全量を、出荷協議会が、茂原市内の飼料会社へ販売します。飼料会社は、長生地域などの畜産農家へ販売しています。また、効率的に稲WCS生産をおこなうため、出荷協議会を中心に、情報収集や意見交換を行いほ場の団地化や専用品種の利用を進めています。

図1長生村の稲WCS生産体制

(2)稲WCSの生産能力について

組合の作業受託面積は、平成27年は約24ヘクタールでした。今年度は約30ヘクタールになる見込みです。組合の所有する機械は表2のとおり、ホールクロップ収穫機を含む5台です。その他の運搬用トラックは組合員の所有する車両を借り上げます。

表2所有機械
機械名 形式 台数
ホールクロップ収穫機 WB1030DX 1
自走ラップマシーン SW1120DM 1
リモコンラップマシーン WM1000RW 1
ホイールローダー(グラブ付) R530Z 2

(3)稲WCSの収穫作業について

専用収穫機で稲を刈ります

1.専用収穫機で稲を刈ります

収穫機で形成されたロール

2.収穫機で形成されたロール
直径1m×高さ1m重さ約300kg

ほ場でラップフィルムを巻きつけます

3.ほ場でラップフィルムを巻きつけます

フィルムが破れないように運びます

4.フィルムが破れないように運びます

保管場所に運び、さらにラップフィルムを巻きつけます

5.保管場所に運び、さらにラップフィルムを巻きつけます

ロールを保管場所へ積み上げます

6.ロールを保管場所へ積み上げます

図2作業の流れ

(4)稲WCS生産受託作業の実績について

平成27年の受託作業の実績を表3から表5に示しました。
作業は、4人から5人で行っています。1日当たりの収穫面積は平均1.1ヘクタール、約300キログラムのロールを100本生産します。ふさおとめやコシヒカリなどの食用品種を7月14日から8月9日間で13.5ヘクタール、専用品種のたちすずかを9月5日から10月9日の間で10.4ヘクタール収穫しました。
稲WCSの収穫作業を前期と後期にわけ、その中間期の8月中下旬から9月上旬は、それぞれの経営で主食用米の収穫を行っています。

表3食用・専用品種別収穫面積、収穫ロール数(H27実績)
品種 収穫面積 収穫ロール数 10アール当り収穫数
食用品種 13.5 ヘクタール 1,008 74.67
専用品種 10.4 ヘクタール 1,109 106.63
23.9 ヘクタール 2,117 88.58
表4収穫作業期間・作業日数(H27実績)
区分 全期間 前期(食用品種) 後期(専用品種)
収穫作業期間 7月14日~10月9日 7月14日~8月9日 9月5日~10月9日
実作業日数※ 21.2日 11.6日 9.6日

※午前中の作業を0.4日、午後の作業を0.6日

表5_1日当り作業者数他(H27実績)
区分 全期間 前期
(食用品種)
後期
(専用品種)
1日当たり作業者数 4.81 4.86 4.75
1日当たり収穫面積 1.126 ヘクタール 1.123 ヘクタール 1.130 ヘクタール
1日当たり収穫ロール数 99.9 84.1 119.0

4.今後の方向【新しい農業にチャレンジ】

  • (1)団地化をさらにすすめ、作業効率をあげ、受託面積を増やしていきます。
  • (2)耕畜連携や2毛作栽培に取り組み、水田の有効利用を図ります。
  • (3)長生地域には、作業受託組織が、茂原市と当組合の2つがあります。効率よく収穫作業を行うために協力していきます。
  • (4)法人で雇用労働力を確保し、組合員の負担を少なくするとともに、個々の経営でも活用して、経営発展を目指します。
    組合は、地域の要望を聞きながら、試行錯誤をつづけております。その意欲的な取組と今後の活躍に、地域から期待が寄せられています。


(農)長生WCS生産組合

初掲載:平成28年10月

長生農業事務所
改良普及課西部グループ
主任上席普及指導員
伊藤郁子
電話:0475-22-1771

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:農林水産部担い手支援課専門普及指導室

電話番号:043-223-2912

ファックス番号:043-201-2615

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?