ここから本文です。

更新日:平成31(2019)年4月5日

水稲湛水直播栽培の除草体系

水稲直播栽培は乾田直播と湛水直播に大別されます。
乾田直播は播種時期に、畑状態に乾いたほ場で実施可能で、基盤整備の進捗により拡大しています。しかし、千葉県は湿潤な水田が多いので代かきを行う湛水直播栽培が乾田直播より導入しやすくなっています。今回は湛水直播栽培の除草体系を紹介します。

1.冬から春にかけての水田管理

水田は排水に努め乾かします。雑草も生育してくるので、早めに耕耘して雑草を埋没し枯らします。

2.雑草との競争に勝つ

直播栽培は稲と雑草の生育競争が激しいため、除草剤を使って雑草を枯らし稲の生育を助け、いかに稲が雑草と競争せずに生育し、健全な生育を促すかが重要です。

3.播種後の除草剤散布

播種直後に散布できる除草剤は、「サンバード粒剤」3kg/10a又は、「オサキニ1キロ粒剤」1kg/10aです。

4.水管理

除草剤散布後に入水して湛水すると、除草剤は水に溶けて田面に処理層をつくり、発芽してきた1年生雑草を枯らします。
水管理は自然減水で田面が露出してきますが稲の発芽を確保するため、そのままにして、発芽揃い期になったら入水し浅水管理とします。

5.初期除草

除草剤の効果が低くヒエ等の雑草が発芽してきた場合は、播種後5日以降であれば10a当たり「キックバイ1キロ粒剤」1kgを散布します。ヒエ2葉期まで効果があります。
イネ1葉期以降になれば、10a当たり「トップガンGT1キロ粒剤51」1kg又は、「リボルバー1キロ粒剤」1kgを散布します。いずれもヒエ3葉期まで効果があり、収穫90日前まで使用できます。

6.ヒエが残った場合の除草

ヒエだけに効く、「クリンチャー1キロ粒剤」は播種後10日以降であれば、10a当たり1kg散布します。ヒエ3葉期まで効果があります。播種後25日以降であれば1.5kg散布できます、ヒエ4葉期まで効果があり、収穫30日前まで散布できます。
「クリンチャーEW」は10a当たり、100ml(ミリリットル)を水25~100リットルに希釈して散布します。播種後10日以降に散布でき、ヒエ5葉期まで効果があります。収穫30日前まで使用できます。

7.水田1年生雑草・多年生雑草の除草

「クリンチャーバスME液剤」は10a当たり、1000ml(ミリリットル)を水70~100リットルに希釈して散布します。播種後10日以降に散布でき、ヒエ5葉期まで効果があります。収穫50日前まで散布できます。
「バサグラン液剤」は10a当たり、500~700ml(ミリリットル)を水70~100リットルに希釈して散布します。播種後35~50日に散布でき、広葉等1年生雑草・多年生雑草に効果がありますが、ヒエ、イネ科雑草には効きません。収穫50日前まで使用できます。中干しを実施し田面が露出した状態で散布し、雑草に薬剤が付着するように散布します。

8.稲刈り取り後の除草

稲刈り後、多年生雑草がある場合は、雑草の根まで枯らす事ができる、「ラウンドアップマックスロード」、「タッチダウンiQ」は耕起前(雑草生育期)、「サンダーボルト007」は耕起20~10日前(雑草生育期)に散布します。これらの除草剤は稲及び畑作物にかかると、それらの作物も枯れるので、隣接ほ場や他の作物に飛散しないように散布します。

9.水稲直播栽培の展望

直播栽培の除草体系は確立しつつあり、収量は確保されつつあります。箱育苗による移植栽培では、育苗、苗運びに労力が多くかかります。規模拡大が進み労働力が限度に達した時には、直播栽培を組み合わせることで、労働力の軽減を図る事ができる状況になってきました。

湛水直播栽培実施上の留意事項

1.直播栽培水田の選定と準備

直播栽培では水管理を適切に実施する必要がありますので、用水は速やかに湛水でき、かつ、排水が速くできる圃場選定が大切です。
湛水直播栽培を実施する際は、秋の落ち穂の籾が翌年発芽するため、毎年品種を同じにしておきます。
また秋に落ち穂から発芽した頃を見計らって耕耘し、発芽した籾を埋没させ生存する籾を少なくしておきます。

2.代かき、播種までの日数

直播栽培の水田は特に代かきを田面が均平になるように実施します。これによって発芽率及び除草剤の効果を高めることにつながります。砂の多い水田では田面が早く固まるので代かきの2日後位に播種します。粘土、壌質土では排水しておき適度な固さになったら播種します。

直播栽培の水田

※農薬は記事の初掲載(平成25年2月)時点の登録内容をもとに作成しております。農薬の使用にあたっては、ラベルおよび最新の登録内容を確認し、安全に使用してください。

印旛農業事務所改良普及課成田グループ

主任上席普及指導員恵畑康利

(電話:043-483-1124)

 初掲載日:平成25年2月

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:農林水産部担い手支援課専門普及指導室

電話番号:043-223-2913

ファックス番号:043-201-2615

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?