ここから本文です。

更新日:令和元(2019)年7月8日

ストックの栽培-需要期を見込んでしっかり管理-

ストックは、薄紫系の寒色から赤や黄等の暖色、さらにはパステルカラーなど花色が豊富で、独特な香りとともに早春の到来を強く感じさせる花です。品種にはスタンダード系(アイアン系品種、雪波、朝波、舞シリーズなど)とスプレー系(カルテット系品種など)とがあり、花壇にも栽植しますし、切り花としても用途が広い品目です。

栽培は、県南部などの温暖な地域で、排水の良い圃場が適しています。比較的低温での管理が可能なため、省エネの花き品目として全国的に栽培が広がっています。

このような特徴があるので、需要の多い3月の彼岸と近年人気の年末とを中心に、11月下旬~4月の切り花出荷に対応する計画生産が重要です。

1 栽培方法

(1)播種

11月下旬~4月に収穫するには、8月上旬~10月上旬に播種します。

播種用土は市販の育苗培土のほか、山砂又は川砂にくん炭2~3割、育苗培土を1~2割混合したものを用います。山砂は酸性、海砂はアルカリ性の場合があるためpHを確認しましょう。pH(H2O)で6.5~7.5程度の中性が適しています。

播種後、軽く覆土をして底面から吸水させ、乾燥防止に新聞紙などを掛けます。

発芽適温は20~23℃で、播種後1~2日で発芽します。発芽が始まったら新聞紙を取り除きましょう。

(2)育苗

潅水が多過ぎると胚軸が徒長し、苗が倒伏しやすくなるので要注意です。

八重率を高めるために八重鑑別を実施します。播種量の60~70%は抜き取ります。先ず、播種後7日で発芽の遅い株を抜き取り、播種後14日では子葉の大きさや色等の特徴で判断し抜き取ります。

なお、八重苗の特徴は次のとおりです。

  • 発芽が早く苗が大きい
  • 草丈、子葉長、子葉幅が長い
  • 子葉の形が長楕円形
  • 子葉の色が黄緑色

発芽後は光に当て健苗を育成しましょう。育苗期間は20~25日程度です。

(3)施肥

基肥は定植1週間前までに有機質肥料を中心に10a当たり窒素、りん酸、加里を各成分で20kgを施用するのが標準的です。

追肥は定植後1か月以降に10a当たり窒素6kg、加里6kg程度を施します。

(4)定植

定植前と活着するまでは十分に潅水します。苗は根が切れないように抜き取り、浅植えします。フラワーネットを1段張りましょう。

栽植密度は次のとおりです。

  • スタンダード系品種は株間、条間とも12cm
  • スプレー系品種は株間、条間とも13.5~15cm

(5)定植後の管理

活着後は潅水量を控えて、ハウス換気を十分に行いましょう。

スプレー系品種は頂花が「1輪完全に開花」したら「第一分枝部分の付け根から上の頂花を摘心」します。摘心後約1か月で収穫期を迎えます。

加温は室温摂氏5度の確保が目安です。加温開始後は室温を摂氏20度以上にしないように、早朝から換気を行います。

(6)収穫

切り前は出荷する市場や時期によって異なります。標準的には次のとおりです。

  • スタンダード系品種の切り前の目安は、冬期6~8輪開花、3月5~6輪開花
  • スプレー系品種は、1枝3輪以上、1株12~15輪開花
  • いずれの品種も分枝数4本以上が望ましい

収穫後に水揚げを十分に行って、しおれを防止しましょう。

2 発生しやすい病害虫

発生しやすい病害は、育苗時の苗立枯病、10~2月に萎凋病、生育後半の菌核病です。対策は、薬剤散布とともに、施設の換気、土壌や資材消毒です。発病株は抜き取り、施設外へ持ち出して処分します。

害虫は、7月~9月にハイマダラノメイガ、9~11月にコナガが発生し、いずれも生長点付近に寄生し、葉を食害するので要注意です。施設周辺のアブラナ科野菜の栽培を避け、施設の出入口は防虫網(1mm目合い)で覆い、成虫の侵入を防ぎましょう。コナガは薬剤抵抗性が発達しているので、成分の異なる薬剤でローテーション防除を行いましょう。

ハイノマダラメイガ

写真1 ハイマダラノメイガ

 

コナガの食害

写真2 コナガの食害

 

初掲載:平成25年7月

安房農業事務所改良普及課
館山グループ
普及指導員加藤美紀
(TEL.0470-22-8132)

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:農林水産部担い手支援課専門普及指導室

電話番号:043-223-2913

ファックス番号:043-201-2615

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?