サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年3月14日

キュウリ ワタヘリクロノメイガ

幼虫による果実の食害痕

色や形が特徴的な成虫

葉をつづる幼虫

葉上に形成された蛹

キュウリを始めとして,メロンやスイカなどのウリ科作物に被害がでます。ウリノメイガとも呼ばれています。

幼虫が葉や果実を食害します。生長点に潜り込んだり,果実に穴を開けるため,大きな被害になることがあります。幼虫は成長すると葉をつづり合わせ,その中で生息します。

成虫は翅を拡げたまま静止するので,翅の縁が黒く内側が白い逆三角形をしています。幼虫は背中に白い2本線があります。

キュウリでは,抑制栽培の生育全般や促成栽培の生育初期で特に被害が目立ちます。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:農林水産部農林総合研究センター病害虫防除課

電話番号:043-291-6077

ファックス番号:043-226-9107

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?