サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年3月14日

ネギ 小菌核腐敗病

土寄せ部の症状

土寄せしてあったネギの白い葉鞘部分に淡い褐色の斑点ができ,それが拡大して水浸状に腐敗します。

表皮に形成された菌核

腐敗した部位には,ごま粒大の黒い菌核が多数形成されます。この菌核が,次の伝染源となります。

地表面の菌核や,被害植物残さ上に形成された胞子が周辺に飛散し,伝染とまん延が起こります。

栽培期間中の気象条件が発病に大きく関係しており,年によってかなりの年次変動がある病気です。夏が冷涼な気象だと発生しやすい傾向があります。

収穫時に初めて発病に気がつくことが多く,激しく発病した場合は,ネギの収量や品質が大きく低下してしまいます。

千葉県内の主要ネギ産地では,1993年と2003年に多発生しました。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:農林水産部農林総合研究センター病害虫防除課

電話番号:043-291-6077

ファックス番号:043-226-9107

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?