サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年3月14日

キク 白さび病

初期症状

発病初期の症状

発病初期では,下位の葉に白色から黄白色の小さな病斑が生じます。

葉裏症状

葉裏の症状

葉裏の病斑は,発病初期から盛り上がっているためわかりやすく,この状態を観察することで,早い時期に病気の発生を知ることができます。

激発のようす

激発のようす

下から上まで,ほとんどすべての葉に病気が広がっています。

白さび病は,キクに発生する,最も一般的な病気です。

キクの葉に2~3mmくらいの斑点を生じるので,見た目が悪くなり,商品価値を大きく下げてしまいます。

一度発生すると,健全な葉に次々と病気が広がってしまうので,防除が必要になります。

また,キクの品種により,発生しやすさが違うことが知られています。

千葉県では,2003年の夏から秋にかけて,発生が多く見られました。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:農林水産部農林総合研究センター病害虫防除課

電話番号:043-291-6077

ファックス番号:043-226-9107

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?