サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年3月14日

イネ 白葉枯病

白葉枯病の病斑

白葉枯病が多発したほ場

白葉枯病菌は水といっしょに流され,風で飛ばされて伝染するため,浸冠水を受けやすいところで発生しやすく,豪雨や強風により被害が助長されます。穂ばらみ期以降から被害が目立ってきます。葉の外縁部から波状に黄色~白色の病斑を生じ,多発すると田んぼ一面が白くなり,株全体が灰白色となって枯死することもあります。

千葉県では,例年発生は少ないが,一部の地域で発生が見られることがあります。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:農林水産部農林総合研究センター病害虫防除課

電話番号:043-291-6077

ファックス番号:043-226-9107

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?