サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年3月14日

イネ 紋枯病

紋枯病の発病株

病斑部の拡大

高温多湿な環境を好み,7~8月にかけて発生します。

初めは,水際の少し上の葉鞘に現れます。楕円形で周辺がやや濃い褐色,内部が灰白色の病斑となります。病斑上に白い菌糸をクモの巣状に伸ばし,病斑は下位から上位へと伸展します。

病勢が進むと,止葉が黄化,枯死して稔実が悪くなったり,茎が弱くなって倒伏したりすることもあります。

千葉県では,いもち病に次ぐイネの重要病害です。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:農林水産部農林総合研究センター病害虫防除課

電話番号:043-291-6077

ファックス番号:043-226-9107

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?