サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年3月14日

ネギ 黒斑病

葉に形成された病斑

 

夏~秋にかけて見られる病気です。

紫褐色の病斑部分には多数の胞子が形成され,それが風で飛散して広がっていきます。初めに,くぼんだ紡錘形の青白い病斑が葉に生じ,次第にそれが大きくなって紫褐色,同心円状の病斑になります。病気が進むと,病斑より上の部位の葉が枯れます。

高温で雨の多い日が続くと多発生する傾向があります。肥料が不足すると,発病が助長されます。

千葉県では,2003年の8月~12月にかけて平年を上回る発生が認められました。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:農林水産部農林総合研究センター病害虫防除課

電話番号:043-291-6077

ファックス番号:043-226-9107

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?