サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年3月14日

カンキツ かいよう病

果実での症状

葉での症状

カンキツにおける代表的な病害のひとつです。品種により抵抗性に差がありますが,一般的に早生系統だと本病に強く,中晩生系統だと発生しやすい傾向にあります。
果実に感染した場合,感染部分がかさぶた状になります。また葉に感染した場合には,周辺が黄色に変色した病斑を形成します。若木では新梢にハモグリガが食害することで,その食害痕に病斑が形成されやすくなります。

千葉県ではあまり発生は見られませんが,台風などによって木が弱ると発生しやすくなります。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:農林水産部農林総合研究センター病害虫防除課

電話番号:043-291-6077

ファックス番号:043-226-9107

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?