サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年3月14日

トマト 葉かび病

トマトの葉に現れた病斑

葉裏の症状

葉かび病菌の胞子

参考(すすかび病菌の胞子)

主に葉に発生する病気です。病気が進むと葉の表面は黄緑色の斑状となり,裏面は灰褐色のかびが密生します。

温室などの通気の悪い場所,湿度の高い場所で多発します。また,トマトの生育が悪くなると発生します。多発すると,大半の葉が枯れあがり,収穫できなくなることがあります。

似たような病斑を作るものにすすかび病があります。病斑がそっくりなので,肉眼で両者を判別することは困難です。顕微鏡下で胞子を観察することにより,区別ができます。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:農林水産部農林総合研究センター病害虫防除課

電話番号:043-291-6077

ファックス番号:043-226-9107

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?