サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年3月14日

キャベツ 菌核病

菌核病

キャベツ上にできた黒い菌核の塊

キャベツの重要病害で,主に結球開始以降に発生します。冬春キャベツを中心に,毎年発生がみられます。

始め外葉が黄化し,後にあめ色に変色して腐敗します。病勢が進むと,球全体が白い綿状のカビで覆われ,被害部にネズミの糞のような黒い菌核が見られます。この菌核は土壌中で数年生存するので,一度多発した畑で被害植物をそのままにしておくと,被害が数年継続することがあります。

秋から冬にかけて降水量が多く,気温が高めに推移すると発生が多くなる傾向にあります。千葉県では2001年に冬キャベツで多発生しました。

菌核病はキュウリやナスなど多種類の野菜に発生するので,輪作をする場合には注意が必要です。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:農林水産部農林総合研究センター病害虫防除課

電話番号:043-291-6077

ファックス番号:043-226-9107

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?