サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年3月14日

キュウリ べと病

発生初期の病斑

病状が進んだ葉の様子

キュウリでは一般的に見られる病気のひとつです。葉脈に囲まれた部分に,黄緑色~黄色の角型の病斑を作ります。葉の裏に灰黒色のカビが生えるのが特徴です。激しく発病すると,葉が枯れてしまうこともあります。

この菌は活物寄生菌の一種で,生きた植物体上でしか生育できません。葉裏にできた胞子が飛散して伝染します。

似たような病斑を作るものに褐斑病がありますが,べと病は褐斑病より病斑の周りがはっきりしています。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:農林水産部農林総合研究センター病害虫防除課

電話番号:043-291-6077

ファックス番号:043-226-9107

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?