• センター紹介
  • センターご利用案内
  • 診療科・部門紹介
  • 採用情報
  • 地域医療連携室

ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年5月17日

病院長挨拶

石橋病院長写真

千葉県救急医療センターは、千葉県全域を対象に重症患者の救命救急医療を目的として1980年に開設された県立三次救急医療施設です。独立型救急専門病院として主に千葉県内で発生した救急患者さんの受け入れを年間2000名前後行っています。心筋梗塞、脳卒中、多発外傷など救命のため一刻も早く治療が必要な患者さんを受け入れるため、いわゆる一般外来は行っておりません。従ってほとんどの患者さんは救急車、Drヘリコプターなどにより救急搬送されている患者さんです。

当センターの診療体制は一般の救命救急センターと異なっており、循環器内科、脳神経外科、神経内科、心臓血管外科、消化器外科、整形外科、形成外科、麻酔科等各科の専門医が救急医療に特化した形で協力し合い、24時間365日体制で、心筋梗塞、脳卒中、多発外傷等の重症救急患者や広範囲熱傷、指肢切断、急性中毒等の特殊救急疾患患者の救命救急医療を行っています。

診療にあたっては、常に患者さんの立場に立った視点で、24時間最良の医療が出来るよう職員一同一丸となって診療に当たっています。また患者さんへの診療行為遂行にあたっては、医療安全を第一に考え、患者さんの命を守るための診療行為が安全に遂行できるよう努めております。また治療方針の決定においては、医師による十分な説明の上、患者さんからの同意を得ながら行うことを基本としております。

また当センターは幕張新都心に隣接しており、成田国際空港と都心のほぼ中間に位置しています。このような立地条件から自然災害のみならず様々な都市型災害(化学災害、爆発など)にも対応可能な災害医療センターとしても機能することをめざしており、災害対策のための設備、機器を整備するとともに、多様な実践的訓練の実施やDMATのチーム編成強化なども進めています。

さらに、種々の研修や教育プログラムに積極的に協力することで、医師・看護師・薬剤師・検査技師・栄養士・救急救命士等の育成にも積極的に取り組んでおります。

私たちはこれらの使命を常に念頭におき、県内唯一の高度救命救急センターとして、最高レベルの救急医療を患者さんに提供できるよう全力を尽くすとともに、県内各医療機関の御協力も頂き、地域医療連携室を中心に病診・病病連携の発展にも寄与していきたいと考えております。

千葉県救急医療センター
病院長 石橋 巌