ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年2月2日

千葉県奨学資金<平成28年度以降入学者>

1申請方法

在学している学校に申請します。

詳しくは担当の先生、又は学校の事務室等に申し出てください。

※申請時には、前年分の市区町村役場発行の「所得証明書」等、収入状況の分かる書類が必要です(申請時に前年分の「所得証明書」で確認できない場合等は、源泉徴収票及び確定申告書(控)等でも可)。

2申請期間

申請期間は概ね4月上旬から5月中旬までとなります。

締め切りは学校ごとに異なりますので、担当の先生、又は学校の事務室等に申し出てください。

3申請・採用の基準

(1)申請資格について

  • 高等学校等に在学する者であること。
    (中等教育学校の後期課程、特別支援学校の高等部も含む。)
  • 独立の生計を営む成年者でない場合は、保護者が県内に住所を有する者であること。
  • 独立の生計を営む成年者である場合は、県内に住所を有する者であること。
  • 修学意欲があり、かつ性行が正しい者であること。
  • 経済的理由によって修学が困難な者であること。
  • 「母子・父子・寡婦福祉資金(修学資金)」の貸付けを受けていないこと。

(2)収入基準について

家計支持者(父母双方又は父母がいない場合は代わって家計を支えている人)の収入の年額が、所定の収入基準以下であること。

※実際の申請の際は、必ず学校の担当の方とよく相談してください。

〔収入・所得の目安〕(中学生の弟又は妹がいるものとして算出)

区分

給与所得の場合

給与所得以外の場合

国公立

私立

国公立

私立

4人世帯

698万円

769万円

291万円

340万円

5人世帯

720万円

787万円

306万円

355万円

注1)目安の金額は、父母両方の収入の合計。

注2)給与所得の場合は収入金額(税込み)、給与所得以外の場合は収入金額から必要経費を引いた金額。

(3)申請条件について

連帯保証人(親権者)のほかに、保証人(別生計の成年者)が必要です。

4貸付月額・貸付期間

(1)貸付月額

下記の表から希望額を選択できます。

自宅通学

10,000円

20,000円

30,000円(私立高等学校等のみ)

自宅外通学

15,000円

25,000円

35,000円(私立高等学校等のみ)

(2)貸付期間

決定月から正規の修学期間まで

※正規の修学期間

高等学校全日制課程・特別支援学校高等部・中等教育学校の後期課程→3年
高等学校定時制課程・通信制課程→3年または4年

高等学校専攻科→2年

5返還方法

貸付終了月の翌月から据置期間(6か月)を経過した後、規定の年数以内に月賦、半年賦又は年賦の均等払方式(無利子)により返還する。

  1. 月額10,000円を3年間借受けした場合→10年以内に返還(年額36,000円程度)
  2. 月額20,000円を3年間借受けした場合→10年以内に返還(年額72,000円程度)
  3. 月額30,000円を3年間借受けした場合→12年以内に返還(年額90,000円程度)
  4. 大学等に進学、又はその準備中の期間返還を猶予する制度及び所得連動返済型返還猶予制度(猶予一覧表(PDF:152KB))があります。
    ただし、別途申請が必要です。
  5. 平成24年度から導入した所得連動返済型返還猶予制度について、パンフレット(高校生向け(PDF:352KB)中学生向け(PDF:401KB))を作成しました。
  6. 千葉県奨学金は貸付制度です。返還金は後輩への貸付資金になりますので必ず返還しましょう。

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:教育庁 企画管理部財務施設課予算調整室 育英班 

kyzai2@mz.pref.chiba.lg.jp

電話番号:043-223-4027

ファックス番号:043-221-4632

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?