ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年10月17日

千葉県奨学資金<平成28年度入学者>

1奨学資金の制度

千葉県奨学資金は、貸与型の奨学金です。次の奨学生のために、貸付け終了後、必ず返還しなければなりません。

2申請者

申請者は、奨学資金を利用する高校生本人です。

3申請方法

在学している学校に申請します。

詳しくは担当の先生、又は学校の事務室等に申し出てください。

※申請時には、市区町村発行の「所得証明書」等、収入状況の分かる書類が必要です。

4申請期間

(1)一次募集(4月分から貸付)

申請期間は概ね4月上旬から5月上旬までです。

(2)二次募集(10月分から貸付)

申請期間は概ね10月中です。

(3)緊急募集(随時)

世帯の収入状況が急変した場合、申請できます。

※(1)、(2)について、締め切りは学校ごとに異なりますので、担当の先生、又は学校の事務室等に申し出てください。

5申請・採用の基準

(1)申請資格について

以下の条件を全て満たすことが必要です。

  • 高等学校等に在学する者であること。
    (中等教育学校の後期課程、特別支援学校の高等部も含む。ただし、高等専門学校は、本奨学資金の貸付対象となりません。独立行政法人日本学生支援機構の奨学金を御利用ください)
  • 保護者が県内に住所を有する者であること。(申請者が独立の生計を営む成年者でない場合)
    ※申請者が独立の生計を営む成年者である場合は、県内に住所を有する者であること。
  • 修学意欲があり、かつ性行が正しい者であること。
  • 経済的理由によって修学が困難な者であること。
  • 「母子及び父子並びに寡婦福祉資金(修学資金)」の貸付けを受けていないこと。

(2)収入基準について

家計支持者(原則として親権者(父母等)。親権者がいない場合は代わって家計を支えている人)の年収の合計(給与所得の場合は収入金額(税込み)、給与所得以外の場合は収入金額から必要経費を引いた金額)が、所定の収入基準以下であること。

※実際の申請の際は、必ず学校の担当の方とよく相談してください。

〔収入・所得の目安〕

区分

給与所得の場合

給与所得以外の場合

国公立

私立

国公立

私立

4人世帯

698万円

769万円

291万円

340万円

5人世帯

808万円

906万円

376万円

474万円

※4人世帯:父・母・申請者本人・中学生の世帯を想定。

5人世帯:父・母・申請者本人・中学生・小学生の世帯を想定。

(3)申請条件について

連帯保証人(親権者)と保証人(別生計の成年者)が必要です。

※借受人・連帯保証人が返還できなくなった場合には、保証人に返還の義務が生じます。必ず返還義務等について了承していただいた上で、連帯保証人及び保証人をお願いしてください。

6貸付月額・貸付期間

(1)貸付月額

下記の金額から選択できます。

自宅通学

10,000円

20,000円

30,000円(私立高等学校等のみ)

自宅外通学

15,000円

25,000円

35,000円(私立高等学校等のみ)

(2)貸付期間

決定月から正規の修学期間まで、原則として毎月振り込みます。

※新規申請時や毎年度当初の現況確認など審査・確認が必要なときは、審査終了後に数か月分をまとめて振り込みます。

(例)一次募集に申請した場合:6月または7月に、4月分から当該月分までを振込み。

二次募集に申請した場合:11月または12月に、10月分から当該月分までを振込み。

※正規の修学期間

高等学校全日制課程・特別支援学校高等部・中等教育学校の後期課程→3年
高等学校定時制課程・通信制課程→3年または4年
高等学校専攻科→2年

7返還方法

貸付終了月の翌月から据置期間(6か月)を経過した後、規定の年数以内に月賦、半年賦又は年賦の均等払方式(無利子)により返還していただきます。

  1. 月額10,000円を3年間借受けした場合→10年以内に返還(年額36,000円程度)
  2. 月額20,000円を3年間借受けした場合→10年以内に返還(年額72,000円程度)
  3. 月額30,000円を3年間借受けした場合→12年以内に返還(年額90,000円程度)

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 企画管理部財務施設課予算調整室 育英班 

電話番号:043-223-4027

ファックス番号:043-221-4632

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?