ここから本文です。

ホーム > 教育・文化・スポーツ > 体育・スポーツ > 競技力向上 > 国際スポーツ交流 > 平成29年度テニス交流事業|ドイツ・デュッセルドルフ市とのスポーツ交流

更新日:平成29(2017)年9月15日

平成29年度テニス交流事業|ドイツ・デュッセルドルフ市とのスポーツ交流

平成29年7月29日(土曜日)~8月6日(日曜日)、千葉県選手団6名がドイツ・デュッセルドルフ市に派遣され、千葉県とドイツ・デュッセルドルフ市とのテニス交流事業が開催されました。千葉チームはデュッセルドルフフレンドシップカップで14勝10敗となり、第2位となりました。また、この大会で女子の野口選手がフェアプレイ賞をいただくことができました。デュッセルドルフジュニアオープンテニストーナメントは、格上の相手に対して果敢に攻め、1回戦は全員突破したものの、決勝まで進むことはできませんでした。女子の渥美選手のベスト4が最高成績でした。

派遣期間

平成29年7月29日(土曜日)~8月6日(日曜日)

参加チーム

  • デュッセルドルフフレンドシップカップ2017(3ヶ国4チーム)
    ドイツ・デュッセルドルフ、ドイツ・ケムニッツ、ロシア・モスクワ、日本・千葉県
  • デュッセルドルフジュニアオープンテニストーナメント(14歳以下ドイツ国内選手及び上記参加選手)
    男子選手64ドロー、女子選手32ドロー。

交流の様子

フレンドシップカップの表彰式の様子。

千葉チームは第2位となりました。

 

フェアプレイ賞に選出された野口楓選手。

 

フレンドシップカップに臨んだ千葉チーム。

 

ドイツチームとの交流について、予定通り全ての日程が無事終了しました。遠征中日には、主催者の用意したマイクロバスでデュッセルドルフ市中心街やライン川周辺を散策しました。この交流を通じて、他の国の代表選手と試合をし、技術面や試合運び、態度など多くのことを学んだようです。今後も、互いの選手たちが大きく成長し、世界へ羽ばたくような選手になってくれるよう期待します。

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部体育課オリンピックパラリンピックアスリート強化・支援班

電話番号:043-223-4101

ファックス番号:043-221-6682

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?