サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年8月5日

平成28年度強化指定証授与式・リオ五輪パラリンピック出場選手等注目選手6名インタビュー(平成28年7月13日)

平成28年7月13日(水曜日)、ホテルポートプラザちばにて、平成28年度「東京オリンピック・パラリンピックアスリート強化・支援事業」強化指定証授与式・特別講演会が行われました。

千葉県では、強化指定選手に対し指定証を授与することにより、選手の意識の高揚を図り、本県出身の選手が一人でも多く東京オリンピック・パラリンピックに出場することを目指しています。

式典では指定証の授与に続き、間もなく開幕となるリオデジャネイロオリンピック・パラリンピックに出場する選手の紹介を行いました。注目選手へのインタビューを行うこともできましたので、以下、ご紹介します。

また、式典後には、千葉県教育委員の京谷和幸氏を講師に迎え、パラリンピック出場経験にもとづいた特別講演をいただきました。

千葉県出身選手のリオでの活躍、そして4年後の東京に向けた活躍を期待しましょう。

式典概要

  • 行事名:平成28年度「東京オリンピック・パラリンピックアスリート強化・支援事業」強化指定証授与式・特別講演会
  • 日程:平成28年7月13日(水曜日)
  • 会場:ホテルポートプラザちば
  • 出席者:特別強化指定選手76名(うち、オリンピックアスリート強化関係51名、パラリンピックアスリート強化関係25名)、副知事、県議会議長、県議会健康福祉常任委員長、県議会文教常任委員長、健康福祉部長、教育長、県障がい者スポーツ協会会長、競技団体関係者、保護者等
  • 式典の様子は「フォトニュース」(千葉県教育庁教育政策課のページ)からもご覧いただけます。
  • 平成28年度の強化指定選手の一覧はこちらから。

注目選手インタビュー

リオ五輪、東京五輪に向けた各選手の意気込み、また県民の皆様に向けたメッセージをいただきました。

皆川夏穂選手(千葉県特別強化指定選手。リオ五輪出場:新体操)

「8位入賞を目標に頑張りたいです。結果だけにとらわれず、見てくださる方、県民の皆さんに感動や勇気を与えられる試合にできればと思います。」

「東京は自国開催ということで、よりたくさんの方が応援してくれると思います。支援してくださる方に恩返しできるよう、東京ではメダル獲得を目指したいです。」

安藤美希子選手(千葉県特別強化指定選手。リオ五輪出場:ウエイトリフティング)

「初めての出場となるわけですが、目標は今回8位入賞です。まずは記録を残すことが大事だと思っています。そして、東京に向けての経験となるような大会にして、東京ではメダルが獲れるくらい力をつけていきたいです。」

「私に関わっている方だけでなく、すべての方に応援されるような試合にしていきたいです。」

 

森下友紀選手(千葉県特別強化指定選手。リオパラリンピック出場:水泳)

「初めてパラリンピックに出場しますが、思い切った泳ぎができればと思います。目標は自己ベストを出して決勝に残ることです。東京ではリオの経験を生かして、それ上の結果を出し、メダルが獲れればと思います。」

「いつもたくさんの方々からの応援が私の力になっています。千葉県に恩返しできるよう精進していきたいので、これからも応援よろしくお願いします。」

※森下選手へのインタビューはこちらのページでも詳しくご紹介しています(千葉県障がい者スポーツ大会時インタビュー)

堤駿斗選手(千葉県特別強化指定選手。ボクシング)

「今回、リオには出場しませんが、今のうちにしっかりと準備をして、東京で金メダルを獲れるようにしていきたいです。」

「県民のみなさまから与えてくださったバックアップ体制や練習環境に恩返しできるように、これからも頑張っていきたいです。」

 

 

 

羽賀理之選手(千葉県特別強化指定選手。リオパラリンピック出場:ウィルチェアーラグビー)

「ウィルチェアラグビーは現在世界ランキング3位。リオでは金メダルを目指しています。自分もメダルを獲るための力になれるよう、ジャパンチームメンバーとして頑張りたいです。東京では若い選手もたくせん出てくると思うので、負けないようにしっかりとやっていきたいです。」

「自分の他に、千葉県からはリオに2名、選手として出場します。3人力を合わせて頑張りたいので、応援よろしくお願いします。」

※千葉市内で開催された、リオ前哨戦となる国際大会に出場した千葉県ゆかりの選手の様子は、こちらのページからご覧いただけます(ジャパンパラウィルチェアーラグビー競技大会)

廣瀬隆喜選手(千葉県特別強化指定選手。リオパラリンピック出場:ボッチャ)

「個人的にはパラリンピックは今回3回目の出場となります。北京ではチーム戦では予選敗退で何もできませんでしたが、ロンドンではチーム戦で7位入賞ということで、徐々に上がってきています。リオではそれ以上の成績、つまりはメダル圏内となるベスト4が最低目標。最高目標としては、チーム一丸となって、一番輝くものを獲ってきたいです。東京では、その結果をつなげる形として、確実に金メダルが獲れるようにしていきます。」

「応援してくださる方に、プレーで感動や勇気を与えられるように見せていきたいので、応援よろしくお願いします。」

※廣瀨選手へのインタビューはこちらのページでも詳しくご紹介しています(市原市ボッチャ交流大会時インタビュー)

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部体育課スポーツ推進室 オリンピック・パラリンピックアスリート強化・支援班

電話番号:043-223-4101

ファックス番号:043-221-6682

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?