サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 教育・文化・スポーツ > 体育・スポーツ > 競技力向上 > 東京オリンピック・パラリンピックに向けたアスリート強化・支援 > 競技会レポート・競技体験会情報 > 東京2020パラリンピックに向けた有望選手発掘のための競技体験会(知的障害者陸上教室及び記録会)」開催レポート(平成29年8月30日)

更新日:平成31(2019)年1月28日

東京2020パラリンピックに向けた有望選手発掘のための競技体験会(知的障害者陸上教室及び記録会)」開催レポート(平成29年8月30日)

8月30日(水曜日)、千葉県総合スポーツセンター陸上競技場において「千葉県知的障害者陸上教室及び記録会」(掘り起こし事業)が行われました。主催者である千葉県知的障害者陸上競技協会實川隆会長(県議会健康福祉常任委員長)の挨拶の後、同協会、生駒三男理事長(JPC運営委員、日本知的障害者スポーツ連盟副理事長)を中心に、短距離走、中距離走、跳躍種目毎に講師を設け、午前中に実技指導、午後は記録会を行うなど、組織だった運営がなされていました。参加者は20名、指導者・引率者も含めると50名でした。

※本事業は、千葉県が東京オリンピック・パラリンピックに、千葉県ゆかりの選手を多く輩出するために行っている「東京オリンピック・パラリンピックアスリート強化・支援事業」の取組の一環です。

※本年度中に開催される他競技(水泳、車いすバスケットボール、シッティングバレーボール、テコンドー、ボッチャ、馬術、卓球、バドミントン、ボート、車いすテニスなど)の体験会情報については以下のページからご覧になれます。

東京2020パラリンピックに向けた有望選手発掘のための競技体験会を開催します(平成29年度開催分)

イベント概要

  • 主催:千葉県知的障害者陸上競技協会、一般財団法人千葉県障がい者スポーツ協会
  • 日程:平成29年8月30日(水曜日)
  • 会場:千葉県総合スポーツセンター陸上競技場(千葉市稲毛区)
  • 内容:指導者による競技指導・競技体験・記録会

体験会風景

本県特別強化指定選手の米澤諒(ニッポンランナーズ所属)、安西伸浩(ひかりAC所属)、基礎強化選手の岸田悠弥(ダイバーシティーAC千葉所属)、所属先のコーチ陣も参加するなど、活気が溢れ、選手発掘の可能性を感じる陸上教室(掘り起こし事業)となっていました。

短距離走担当、五木田講師の講義。

室内練習場でのウォーミング・アップの様子。

ハードルを利用してのトレーニングを行っています。

股関節の可動域を上げるトレーニングをしています。

指導者と一緒に試走する参加者。

 

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部体育課スポーツ推進室 オリンピック・パラリンピックアスリート強化・支援班

電話番号:043-223-4101

ファックス番号:043-221-6682

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?