サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 教育・文化・スポーツ > 体育・スポーツ > 競技力向上 > 東京オリンピック・パラリンピックに向けたアスリート強化・支援 > 競技会レポート・競技体験会情報 > 「東京2020パラリンピックに向けた有望選手発掘のための競技体験会(パラバドミントン)」開催レポート(平成31年2月10日開催)

更新日:平成31(2019)年2月18日

「東京2020パラリンピックに向けた有望選手発掘のための競技体験会(パラバドミントン)」開催レポート(平成31年2月10日開催)

平成31年2月10日(日曜日)、千葉市ハーモニープラザ多目的ホールにおいて開催された、「東京2020パラリンピックに向けた有望選手発掘のための競技体験会(パラバドミントン)」には障害者7名、健常者26名、計33名の参加者がありました。パラバドミントンを体験した参加者は、本県特別強化指定選手の村山浩選手(SMBCグリーンサービス株式会社所属)ら指導者による車いすのダブルスゲームや立位のダブルスゲームを見たり、競技用車いすに乗って実技を行ったりしました。千葉県障害者バドミントン連盟東会長を始めとした関係者、学生・一般のボランティアスタッフら15名の支援で、体験会は終始笑顔があり、大盛況でした。その様子を以下にご紹介します。

※本事業は、千葉県が東京オリンピック・パラリンピックに、千葉県ゆかりの選手を多く輩出するために行っている「東京オリンピック・パラリンピックアスリート強化・支援事業」の取組の一環です。

イベント概要

  • 主催:一般社団法人千葉県障がい者スポーツ協会
  • 主管:千葉県障害者バドミントン連盟
  • 日程:平成31年2月10日(日曜日)
  • 会場:千葉市ハーモニープラザ多目的ホール(千葉市中央区)
  • 内容:千葉県特別強化指定選手:村山浩選手(SMBCグリーンサービス株式会社所属)らによる実技指導・競技体験

当日の様子はこちらからも見られます。(千葉県障がい者スポーツ協会外部サイトへのリンク)

体験会風景

スタッフの紹介をする千葉県障害者バドミントン連盟東茂昭会長(写真左から2人目)。パラバドミントン競技の普及活動や大会誘致を長年行っている方です。

車いすのダブルスゲームのデモンストレーション。一進一退の好ゲームに参加者達は得点が決まると歓声と拍手を送っていました。

本県特別強化指定選手の村山浩選手【SMBCグリーンサービス株式会社所属】(写真左)が、講師としてスタッフ紹介や体験会の流れ・パラバドミントンの競技特性・ルール説明を行いました。

立位のダブルスゲームでは、相手を前後に走らせるようなコースにスマッシュやドロップショットを打ち分けていました。

 

村山選手の手ほどきで車いすの乗り方や操作方法を学び、体験者はラケットを片手に持ち、思うように動かすことができない車いすに苦戦していました。

協力をしている学生達はボランティアとして会場設営・受付を行ったり、練習相手になったりと活躍しました。また自らも車いすに乗ってゲームを楽しみました。

 
 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部体育課スポーツ推進室 オリンピック・パラリンピックアスリート強化・支援班

電話番号:043-223-4101

ファックス番号:043-221-6682

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?