サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 教育・文化・スポーツ > 体育・スポーツ > 競技力向上 > 東京オリンピック・パラリンピックに向けたアスリート強化・支援 > 競技会レポート・競技体験会情報 > 千葉県強化指定選手が活躍!2018ヒューリック・ダイハツジャパンパラバドミントン国際大会(平成30年9月26~30日)

更新日:平成30(2018)年10月30日

千葉県強化指定選手が活躍!2018ヒューリック・ダイハツジャパンパラバドミントン国際大会(平成30年9月26~30日)

平成30年9月26日(水曜日)から30日(日曜日)、「町田市立総合体育館」において、「ジャパンパラバドミントン国際大会」が開催されました。本県パラリンピック特別強化指定の杉野明子選手(千葉県障害者バドミントン連盟・ヤフー株式会社所属)、山田麻美選手(千葉県障害者バドミントン連盟・株式会社LAVA International所属)、村山浩選手(千葉県障害者バドミントン連盟・SMBC グリーンサービス株式会社所属)の3名が出場し、海外の有力選手も出場する中、活躍しました。

※千葉県が東京オリンピック・パラリンピックアスリート強化・支援事業で指定する選手の一覧ページ

千葉県特別強化指定選手 杉野明子選手の活躍

試合の結果は、ミックスダブルス優勝、シングルス準優勝、ダブルス第3位でした。

ミックスダブルスでは、予選リーグから決勝トーナメントも含め1セットも落とさず、世界ランキング2位の力を発揮して優勝しました。

千葉県特別強化指定選手 山田麻美選手の活躍

試合の結果は、ダブルス優勝、シングルス第3位でした。

日本人選手として数少ない下肢障害(SL3)クラスで活躍をしました。現在世界ランキングは5位。

千葉県特別強化指定選手 村山浩選手の活躍

試合の結果は、ミックスダブルス準優勝、シングルス第3位、ダブルス第3位でした。常に冷静で正確なショットを放つベテラン選手で、ミックスダブルスでは一回り年の離れた選手と組み、準優勝に導きました。

「パラバドミントンは、クラスによってコートの広さが違い、その中での駆け引きも魅力。特に相手の特徴、苦手な面を狙うことでは健常者のバドミントンと同じ。千葉県出身やゆかりのある若手選手も増え、活躍しているのでぜひ応援してください。」:本人談

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部体育課スポーツ推進室 オリンピック・パラリンピックアスリート強化・支援班

電話番号:043-223-4101

ファックス番号:043-221-6682

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?