サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 教育・文化・スポーツ > 体育・スポーツ > 競技力向上 > 東京オリンピック・パラリンピックに向けたアスリート強化・支援 > 競技会レポート・競技体験会情報 > 千葉県強化指定選手が大活躍!2017愛顔つなぐえひめ大会(第17回全国障害者スポーツ大会)開催レポート(平成29年10月28日~30日)

更新日:平成29(2017)年11月15日

千葉県強化指定選手が大活躍!2017愛顔つなぐえひめ大会(第17回全国障害者スポーツ大会)開催レポート(平成29年10月28日~30日)

平成29年10月28日から30日まで、愛媛県内各所において、「2017愛顔(えがお)つなぐえひめ大会」(第17回全国障害者スポーツ大会)が開催されました。本大会には、千葉県が指定する強化指定選手や、県ゆかりの選手が数多く出場し、台風22号の影響を感じさせない活躍ぶりで、輝かしい成績を収めました。その様子を一部ご紹介します。

大会概要

千葉県選手団結団式の様子

10月21日(土曜日)、千葉県総合スポーツセンタースポーツ科学センターにおいて、「全国障害者スポーツ大会千葉県選手団結団式」が行われました。選手・監督・総務等総勢135名が出席し、滝川伸輔副知事からの激励や、本宮敏雄団長(千葉県身体障害者福祉協会理事長)への県旗の授与、倉本翼主将(千葉県特別強化指定選手)による「選手宣誓」、北林栄峰体育課長から選手への小旗贈呈が執り行われました。

滝川副知事から選手団へ向けて「激励の言葉」が送られました。

副知事から受け取った県旗が、本宮団長から石川怜央旗手へと授与されました。

本宮団長から大会に向けての目標が語られました。

選手代表倉本翼主将による「選手宣誓」

北林体育課長から小旗の贈呈

小旗を高く掲げてチームちばの結束が高まった瞬間でした。

大会風景

竹内望選手(千葉県特別強化指定選手)は他の選手との力の差を見せました。

「まだまだ課題が多いですが、アジア選手権での銅メダルよりさらに上を目指したい。」と気持ちを新たにしていた竹内望選手。

竹守彪選手(千葉県特別強化指定選手)はパワフルなプレーが持ち味で、相手を圧倒しました。

「次のスペインオープンで頑張りたい。リオの時よりも日本人のレベルが上がってきているので全員がライバル。」と気持ちを引き締める竹守彪選手(リオパラリンピック出場)。

木川田優大選手(千葉県特別強化指定選手)は巧みなサーブからゲームを組み立てていました。

「12月のドバイアジアユースパラ大会に向けて頑張りたい。」と頼もしいコメントをした木川田優大選手。

秦由加子選手(千葉県特別強化指定選手)は50m平泳ぎで大会新記録を出し、笑顔のガッツポーズ!

中島啓智選手(千葉県特別強化指定選手)は50mバタフライで大会新記録を樹立。

秦選手は、パラトライアスロンの選手でリオパラリンピックでは第6位に入賞しました。

中島選手は200m個人メドレーでリオパラリンピックの銅メダリストとなりました。

折原巧真選手(千葉県特別強化指定選手)は200mで大会新記録で優勝を決めました。

千葉県選手団の主将を務めた倉本翼選手(千葉県特別強化指定選手)は100m、400mともに大会新記録での優勝。

ehimetaikai-9

鈴木裕貴選手(千葉県特別強化指定選手)は100m、200mで大会新記録の走りでの優勝。

松本春菜選手(千葉県特別強化指定選手)は走り幅跳びで力強いジャンプを見せ、4m74cmの大会新記録で優勝しました。

柏原未知選手(千葉県特別強化指定選手)は800m、1500mで優勝しました。

4×100m混合リレーでは、46秒51という大会新記録での優勝を果たし、大会を締めくくる華を添えました。写真左から、鈴木選手、折原選手、中島朗選手(千葉県特別強化指定選手)、倉本選手。

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部体育課スポーツ推進室 オリンピック・パラリンピックアスリート強化・支援班

電話番号:043-223-4101

ファックス番号:043-221-6682

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?