ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年6月20日

教職員の業務見直しに関するリーフレット

心豊かに千葉の教育をすすめるために~これからの仕事の進め方を考える~(平成29年3月)

平成28年12月の文部科学省によると、平成27年度の全国の精神疾患による休職者は5,009人で、平成19年度以降,依然として高い水準にあると報告されています。
教職員の誰もが心の病にかかる可能性があります。心の病の要因は人それぞれですが、ストレスが、その重要な一つであることは言うまでもありません。ストレスをコントロールして、これからの仕事の進め方を考えるとともに、学校の業務改善を図り、教職員の事務的負担を軽減することで、教職員が、子どもたちと十分に向き合い、充実した教育活動を展開することができるように図ることが必要です。

リーフレットのダウンロード(A3版、両面1枚)

主な内容

  • ワークライフバランスチェック
  • 多忙化解消の視点を見つける。
  • 部活動の教養日を設定する。
  • メンタルヘルスを保持する。

児童と向き合う時間を確保するために~教育活動を充実させるための教職員の意識改革~(平成27年2月)

教育振興部教職員課

平成24年度、文部科学省が教職員のメンタルヘルス対策検討会議において取りまとめた「教職員のメンタルヘルス対策(最終まとめ)」によれば、平成23年度の精神疾患による教員の病気休職者数は5274人であり、最近10年間で約2倍に増加していると報告されています。
休職者の増加は、本人とその家族はもちろん、学校教育にも大きな影響を与えるため、県教育委員会では、教職員の健康保持やメンタルヘルスケアに資するためにも、教職員の総労働時間の縮減に取り組んできました。例えば、「ノー残業デー」を設けるよう指導しているのは、一時的に業務の遅れが生まれても、教職員がリフレッシュすることで、公務能率の向上が図れるからです。
教職員から、「子どもと向き合う時間が欲しいけれど、忙しくて時間が確保できない。」という声を聞きます。子どもと向き合う時間を確保することは、教職員の心身の健康の保持にもつながり、情熱と使命感を持つ多くの先生方の力を最大限に発揮させることとなります。教職員一人一人が、日常の業務を見直し、協働性を高めるなどの意識改革することで、負担軽減を図ることが必要です。

リーフレットのダウンロード(A3版、両面1枚)

主な内容

  • 衛生委員会を活用し、健康相談しやすい環境をつくる。
  • 教材、教具のデータを共有し、相互に有効活用を図る。
  • ノー部活動デーの実施により、効率的な部活動運営を図る。
  • 組織的対応により一部職員への過重な負担を軽減する。
  • 教職員の勤務実態把握により教職員の意識改革を図る。

業務を見直しスッキリ勤務~教員の多忙化を解消し、子どもと向き合う時間を確保するために~(平成23年3月)

平成18年度、文部科学省が全国の小中学校及び高等学校を対象に行った教員勤務実態調査によれば、小中学校教員の1か月あたりの残業時間は約34時間であると報告されています。

昭和41年度に行った同様の調査に比べ約26時間の増加となっており、増加した主な業務内容としては、「事務的な業務」、「生徒指導」、「補習・部活動等」があげられています。

現在、学校現場では、社会構造の急激な変化への対応、家庭・地域社会の教育力の低下に伴う学校や教員に対する過度の期待、子どもの学ぶ意欲や学力の低下、いじめや不登校等の複雑化・多様化した課題等を背景として、多忙感を抱いている教員が少なくありません。

子どもと向き合う時間を確保するとともに、教員の心身にわたる健康の保持に向けて、今、日常の業務を見直し、多忙化の解消を図ることが必要です。

リーフレットのダウンロード(A4判・両面・1枚)

リーフレットの内容

  • 事例1:ルールを明確にし会議の効率化を図る
  • 事例2:データ等を整理・共有し資料作成の時間短縮を図る
  • 事例3:ICTの活用により事務的な業務の省力化を図る
  • 事例4:地域の防犯活動等と連携し登下校の安全を確保する
  • 事例5:部活動の目的を共通理解し運営方法の見直しを図る
  • 事例6:研修の目的を明確にし少ない負担で成果を上げる

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部教職員課管理室

電話番号:043-223-4036

ファックス番号:043-225-2374

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?