ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年6月29日

通学合宿

お知らせ

平成29年度通学合宿実施予定を掲載しました。(平成29年6月27日)

通学合宿とは、子どもたちが地域の公民館等に2泊から6泊程度宿泊し、親元を離れ、団体生活の中で日常生活の基本を自分自身で行いながら学校に通うものです。

この通学合宿では、子どもたちの社会性、自主性、協調性を伸ばし、「生きる力」を育むことが期待され、千葉県教育委員会では積極的に推進しています。

ここでは、千葉県内での取組状況とその効果などについてお知らせします。

※月刊「生涯学習」平成24年5月号(株式会社国政情報センター発行・文部科学省編集協力)で、千葉県の通学合宿が紹介されました。

「生きる力」を育む通学合宿~地域主体型による普及を目指して~(PDF:1,228KB)

※月刊「千葉教育」平成24年12月号(千葉県総合教育センター発行)に通学合宿の記事が掲載されました。

通学合宿のすすめ~子どもの生活力を高める取組について~(PDF:2,169KB)

 1.千葉県における通学合宿の取組状況

千葉県内では、平成4年度に県立東金青年の家で先駆的に取り組み、普及を図ってきた結果、平成28年度は、54市町村中17市町村で36事業、県立青少年教育施設5所で10事業(内3事業は市町村と共催)実施されました。

2.通学合宿の概要

3.通学合宿の効果

通学合宿啓発チラシ通学合宿啓発チラシの画像(PDF:1,295KB)
※新しくなりました。(平成25年4月1日版)

通学合宿を行うことで、学校生活だけでは得がたい様々な効果が得られます。

  • 子どもたちが親元を離れて、年齢の異なる集団の中で、一定の期間生活をすることにより、社会性が身につきます。
  • 家事などの日常の生活を自分自身で行うことにより、子どもの自主性・協調性が高まります。
  • 地域の方が運営に関わることにより、地域で子どもたちを育てる意識などが芽生えます。

4.通学合宿の事例

5.調査研究報告書・事例集

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部生涯学習課社会教育振興室社会教育施設班

電話番号:043-223-4168

ファックス番号:043-222-3565

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?