ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年1月24日

平成28年度「親の学びプログラム」活用推進研修会

スタート研修

  • (目的)各市町村において家庭教育支援に携わる者が、千葉県版親プロ「きずな」の概要と活用方法を知り、それぞれが担当する講座等の活性化を図る。
  • (主催)千葉県教育委員会
  • (参加対象)各市町村家庭教育担当者、公民館職員、PTA役員、その他子育て講座等を行っている団体等、実際に家庭教育や子育ての学習の場の企画・運営に従事している方
  • (人数)各地区50名程度

実施期日及び会場

教育事務所

期日

会場

葛南地区

6月3日(金曜日)

浦安市中央公民館

東葛飾地区 6月8日(水曜日) 東葛飾研修所
北総地区 6月10日(金曜日) 印旛教育会館

東上総地区

6月3日(金曜日) 東上総教育事務所
南房総地区 6月14日(火曜日) 君津教育会館

実施内容

日程(例) 内容(例)

13時15分~13時30分

受付

13時30分~13時35分

オリエンテーション

13時35分~14時40分

【説明<1>・演習<1>】千葉県版親プロ「きずな」について

※主として、講座活性化プログラム

14時40分~14時55分

【グループ】意見・感想等

14時55分~15時10分

(休憩)

15時10分~15時35分

【説明<2>】千葉県版親プロ「きずな」について

※主として、広報戦略強化資料

15時35分~16時10分

【演習<2>】効果的なチラシのタイトル作り

16時10分~16時20分

【まとめ】人が集まる循環をつくる

16時20分~16時30分

【アンケート記入】諸連絡

※日程、内容は地区ごとに異なる場合があります。

フォローアップ研修

  • (目的)千葉県版親プロ「きずな」を活用し、講座や研修会等の企画・運営、広報に関する業務に役立てられるよう、企画書やチラシ作りを演習で学ぶ。
  • (主催)千葉県教育委員会
  • (参加対象)スタート研修と同様
  • (研修コース)<1>千葉県版親プロ『きずな』で学ぶ企画書づくり、<2>ワードでつくるチラシの作り方(PC実技研修)
  • (人数)30名

実施期日及び会場

研修コース

期日

会場

<1><2>

11月7日(月曜日)

千葉県総合教育センター

<1><2>

12月16日(金曜日)

千葉県総合教育センター

実施内容

研修<1>千葉県版親プロ『きずな』で学ぶ企画書づくり
日程(例) 内容(例)

9時15分~9時30分

受付

9時30分~9時40分 オリエンテーション
9時40分~10時00分 実践発表(市町村からの提案)
10時00分~10時40分 【演習】親プロ「きずな」オープニングプログラム
10時40分~10時50分 (休憩)
10時50分~11時30分 【演習】企画書の作り方
11時30分~11時50分 全体発表
11時50分~12時00分 【アンケート記入】諸連絡

 

研修<2>ワードでつくるチラシの作り方(PC実技研修)
日程(例) 内容(例)

13時00分~13時20分

【講義】「チラシ作りの基礎知識」

13時20分~14時30分 【演習】ワードの活用

14時30分~14時45分

(休憩)
14時45分~15時15分 【演習】チラシ作り
15時15分~16時00分 全体発表
16時00分~16時10分

【アンケート記入】諸連絡

※日程、内容は変更になる場合があります。

 

平成28年度研修の結果

スタート研修

参加者数

区分

葛南

東葛飾

北総

東上総

南房総

合計

委員会関係者

11

5

5

10

2

33

学校関係者

0

0

12

4

47

63

部局等関係者

1

1

0

2

0

4

公民館職員

8

5

0

1

10

24

関係団体

2

0

0

0

0

2

その他

6

5

1

0

0

12

合計

28

16

18

17

59

138

活用してみたいプログラムについて(のべ人数)

区分 合計

オープニングプログラム

73

映像教材活用プログラム

24

体験型プログラム

34

座談会プログラム

34

エンディングプログラム

22

チラシづくり

69

「きずな」の活用場面

  • 家庭教育セミナーや子育て関係などの講座を企画・広報
  • 主催事業のチラシ作り
  • 図書館のお話会
  • 講座にオープニングプログラムを導入
  • 家庭教育学級
  • 乳児健診
  • 新クラス役員紹介の顔合わせや会議
  • PTA活動の企画・研修
  • 学級懇談会・保護者会
  • ミニ集会

成果と課題

葛南地区

<成果>

  • 実践的な内容が多く、具体的によくわかり参加者には好評であった。
  • さまざまな立場からの参加者があったが、それぞれの活動、業務にすぐに活かせる内容であった。
  • グループ活動が多く、参加者同士の関わりが深まり良い雰囲気の中で研修が行われた。この体験自体が講座の企画運営に役立っていくと思われる。

<課題>

  • 参加者が固定化する傾向があり、今年で3回目という人もいた。参加者を広げ、企画運営に関するノウハウを伝えていければよいが簡単ではない。
東葛飾地区

<成果>

  • 参加者から、「自分の企画する講座や事業にプログラムを活用できる」「チラシを効果的に作成するポイントを学べた」等、多くの好評を得られた。
  • 参加者の参加態度が意欲的で、学ぼうとする姿勢が強く、演習や討議で活発な意見交換がなされた。

<課題>

  • 良い内容だと理解しているが人が集まらない。
  • 情報交換の場の設定を望む声があった。
北総地区

<成果>

  • アンケートには「活用したい内容」「素晴らしいプログラム」等の声が多く、有意義な研修となった。

<課題>

  • 参加者の多くはPTA役員や家庭教育学級委員で、その方々からは行事予定などを作成する前に、このような研修があるとよかったという意見をいただいた。
  • 次年度がどのような形になるか分からないが、各市町の家庭教育学級開級式などで普及・啓発ができれば利用が高まると考える。
東上総地区

<成果>

  • 「オープニングプログラム」や「効果的なチラシづくり」については、早速活用したいという声が多かった。
  • 少人数で和気あいあいとした雰囲気になり、参加者同士のネットワークも広がった。

<課題>

  • 研修会3年計画の3年目であり、各教育委員会担当者については、すでに受講されている方がほとんどであったので、首長部局への周知も図ったが、参加者が思うように集まらなかった。
  • 本研修会の目的が達成されたのか、3年間の研修参加者に対する、このプログラムの活用状況や効果的な活用例等の追跡調査を行う必要がある。
南房総地区

<成果>

  • 本研修会は、募集人数に制限(50名程度)があるため、4月開催の「管内教育委員会生涯学習課長会議」において研修内容や参加対象者について説明した。さらに、5月開催の「管内教育委員会家庭教育担当者会議」において、募集人数に近づけるためにさらに検討を行ったので、当日はほぼ定員を満たす参加があった。

<課題>

  • 本研修会の目的は、今後「親の学びプログラム」を各市町、学校等で開催する家庭教育学級等で活用するための見通しを持つことにある。したがって研修会参加者に、活用状況やプログラムの効果的な活用例等の追跡調査を行い、さまざまな機会を利用して結果を紹介していく必要がある。

 

フォローアップ研修

参加者数(のべ人数)

区分

葛南

東葛飾

北総

東上総

南房総

合計

企画書作り

11

7

4

3

0

25

チラシ作り

9

8

4

3

1

25

参加者の声

  • 千葉県版親プロ「きずな」の事例発表をしていただき、活用方法などがよく理解できた。
  • 実際にすごろくトークをしてみると、改めて自分のことを振り返ることができた。みんなでアレンジシートを作るのは楽しんでできた。
  • アイスブレイクにもつながる「すごろくトーク」を教えていただき、今後の講座で、ぜひ活用してみたいと思った。
  • 初めて会う人同士が楽しく話ができるすごろくトークはよいと思った。
  • アレンジシート作りでは、同じグループの人たちと意見を言い合い、思った以上に盛り上がったのでぜひ実践したい。
  • 企画書作りは日頃から頭を抱えているので、今後の参考にできることがありよかった。
  • スタート研修にも参加したが、いろいろなメンバーの方々と話をすることができ、今回も有意義な時間となった。
  • 具体的なパソコン操作技術を教えていただいたので、活用したい。(8)
  • 実践的な内容で、すぐに役立ちそうな技術も多く教えていただき感謝している。ただ、実技の時間が少し短く感じた。
  • パソコンを使っての作業時間がもっとあるとよかった。
  • 企画からチラシ作りまで具体的な話が聞けてよかった。ただし、せっかくよい研修なのでもう少し参加者がいてもよいのではないか。
  • 午前から午後まで非常に学ぶことが多く、あっという間の1日だった。チラシのスキルを上げ、企画を練り上げることにもこだわって仕事ができればと思う。

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部生涯学習課学校・家庭・地域連携室

電話番号:043-223-4069

ファックス番号:043-222-3565

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?