ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年1月16日

平成27年度「親の学びプログラム」活用推進研修会

スタート研修

  • (目的)家庭教育支援に携わる者が、千葉県版親プロ「きずな」の概要と活用方法を知り、それぞれが担当する事業において、活用の見通しを持つ。
  • (主催)千葉県教育委員会
  • (参加対象)各市町村家庭教育担当者、公民館職員、PTA役員、その他子育て講座等を行っている団体等、実際に家庭教育や子育ての学習の場の企画・運営に従事している方
  • (人数)各地区50名程度

実施期日及び会場

教育事務所

期日

会場

葛南地区

6月4日(木曜日)

八千代市総合生涯プラザ

東葛飾地区 6月4日(木曜日) 東葛飾研修所
北総地区 5月15日(金曜日) 多古町コミュニティプラザ

東上総地区

5月29日(金曜日) 東上総教育事務所
南房総地区 6月17日(水曜日) 君津教育会館

実施内容

日程(例) 内容(例)

13時15分~13時30分

受付

13時30分~13時35分

オリエンテーション

13時35分~14時40分

【説明<1>・演習<1>】親の学びプログラムについて

※主として、講座活性化プログラム

「すごろくトーク」「叱る基準は、何ですか?」等

14時40分~14時55分

【グループ】意見・感想等

14時55分~15時10分

(休憩)

15時10分~15時35分

【説明<2>】親の学びプログラムについて

※主として、広報戦略強化資料

「チラシの作り方の基本」

15時35分~16時10分

【演習<2>】効果的なチラシのタイトル作り

16時10分~16時20分

【まとめ】人が集まる循環をつくる

16時20分~16時30分

【アンケート記入】諸連絡

フォローアップ研修

  • (目的)千葉県版親プロ「きずな」を活用し、講座や研修会等の企画・運営、広報に関する業務に役立てられるよう、企画書やチラシ作りを演習で学ぶ。
  • (主催)千葉県教育委員会
  • (参加対象)スタート研修と同様
  • (研修コース)<1>千葉県版親プロ『きずな』で学ぶ企画書づくり、<2>ワードでつくるチラシの作り方(PC実技研修)
  • (人数)<1>30名、<2>15名

実施期日及び会場

研修コース

期日

会場

<1>A

平成27年9月18日(金曜日)午前

千葉県総合教育センター

<1>B

平成27年9月25日(金曜日)午後 君津教育会館

<1>C

平成28年1月27日(水曜日)午後 印旛教育会館

<2>A

平成27年9月18日(金曜日)午後

千葉県総合教育センター

<2>B

平成27年11月10日(火曜日)午後 さわやかちば県民プラザ

<2>C

平成28年1月29日(金曜日)午後

千葉県総合教育センター

実施内容

研修<1>千葉県版親プロ『きずな』で学ぶ企画書づくり

日程(例) 内容(例)

13時15分~13時30分

受付

13時30分~13時40分 オリエンテーション
13時40分~14時00分 実践発表(市町村からの提案)
14時00分~14時50分 【演習】親プロ「きずな」アレンジシート作り
14時50分~15時00分 (休憩)
15時00分~15時50分 【演習】企画書の作り方
15時50分~16時20分 全体発表
16時20分~16時30分 【アンケート記入】諸連絡

研修<2>ワードでつくるチラシの作り方(PC実技研修)

日程(例) 内容(例)

13時15分~13時30分

受付

13時30分~13時35分 オリエンテーション
13時35分~13時55分 【講義】「チラシ作りの基礎知識」
13時55分~14時55分 【演習】ワードの活用1(袋文字演習)
14時55分~15時10分 (休憩)
15時10分~16時10分 【演習】ワードの活用2(オートシェイプの応用)
16時10分~16時30分

【アンケート記入】諸連絡

  • 午前開催の研修<1>は、9時30分受付開始、9時40分研修開始、12時00分研修終了で上記の内容を行う。

平成27年度研修の結果

スタート研修

参加者数
区分

葛南

東葛飾

北総

東上総

南房総

合計

委員会関係者

5

12

13

10

1

41

学校関係者

2

0

9

8

39

58

部局等関係者

4

1

1

0

0

6

公民館職員

6

5

1

2

4

18

関係団体

0 0 0 0 0 0

その他

9 0 4 2 0 15

合計

26 18 28 22 44 138
今後の活用について(割合)
区分 割合

今年から活用したい

62%

次年度以降活用したい

32%

活用はまだ難しい

6%

活用して見たいプログラムについて(のべ人数)
区分 合計

オープニングプログラム

66

映像教材活用プログラム

19

体験型プログラム

24

座談会プログラム

39

エンディングプログラム

12

広報戦略強化資料

64

「きずな」の活用について
現在の活用状況
  • 各幼・小・中学校の家庭教育学級派遣講座開催において、仲間づくりや交流に活用している。
  • オープニングプログラムの「すごろくトーク」を家庭教育学級で活用している。
  • 公民館講座のチラシ作りで活用している。
今後の活用について
  • 家庭教育学級での家庭教育指導員派遣講座
  • 妊娠期の教室や思春期ネットワークのシンポジウム
  • 公民館との共同事業のPRやアイスブレイク
  • PTA活動で新しいイベントの企画
  • 幼児家庭教育講座のシリーズの中
  • 家庭教育講座のポスター、チラシ作り
  • 連続講座における1回目の講座ですごろくトーク、講座の中で座談会、講座集客の足がかり
  • 研修会の講師の時に体験型プログラム
  • 家庭教育学級での講話の取りかかりに座談会プログラム
  • 家庭教育学級の最後に学びを深めるための振り返りをするためにエンディングプログラム
  • 家庭教育学級のたより
  • 初めての学級会
  • 幼小中学校の保護者会
  • ミニ集会
  • 若年層の学級担任に活用を勧めたい
成果と課題
葛南地区

<成果>

  • 参加者が「親の学びプログラム」について知る機会となった。
  • プログラムや冊子の中身をすべて知るだけではなく、活用の仕方を学ぶというスタンスがよかった。
  • チラシ作りに興味を示す方がたくさんいた。

<課題>

  • 今年度はPTA関係の方々に参加してもらおうと募集案内を出したが、午後開催のため参加はわずか2名だけだった。募集対象者が参加しやすい開催時間について再検討する。
  • 参加者の希望に応じた内容を盛り込むこと。
東葛飾地区

<成果>

  • 参加者から、自分の企画・運営する講座の参考になったとの声が多かった。
  • チラシの効果的な作成方法が分かり、作成する際の参考にしていきたいという声が多かった。
  • 昨年度の反省からエンディングプログラムの「マンダラート」の説明を十分に行った結果、質問もなくスムーズに研修を進めることができた。
  • 演習の時間を十分に取ったことで,グループでの話し合いが深まった。

<課題>

  • 早期に活用していただくために研修開催を5月、6月を予定しているが、この時期は各市事業を企画している時期なので人が集まりにくい。3月、4月の開催が可能かどうか。
  • 教育事務所の実態に即した内容のアレンジ。
北総地区

<成果>

  • アンケートには「すぐにでも活用できる内容であった」「アレンジして実態に応じて使いたい」等の声が多く、有意義な研修会となった。
  • 3年計画の2年目の研修で、昨年度の反省から開催地を香取・海匝地区とし、家庭教育学級を運営するPTA役員や職員等学校関係者にも参加を呼びかけたところ、参加者からは、学校で「親プロきずな」を活用したいという声が多かった。
  • 開催時期は各地区の家庭教育学級が開講する前とし、計画作成に間に合うようにすることができた。

<課題>

  • 募集期間が短く開催時期が早かったこともあるのか、参加者が思うように集まらなかった。
  • 印旛地区での開催を予定しているので、市町教育委員会担当者の意見も参考にしながら開催時期を決定して、対象者に十分周知できるようにしたい。
東上総地区

<成果>

  • アンケート結果から、「今年度さっそく活用したい(47.4%)」「次年度以降活用したい(52.6%)」という回答が得られた。
  • 講座企画担当にとって「オープニングプログラム」や「効果的なチラシづくり」については、早速活用したいという声が多かった。
  • 和気あいあいとした研修会になり、参加者同士のネットワークも広がった。

<課題>

  • 研修会3年計画の2年目を迎え、各教育委員会担当者については、この2年でほぼ参加している。3年目の実施に向けて、子育て支援・健康福祉関係課等への周知を図り、参加者を増やしたい。
南房総地区

<成果>

  • 本研修会は、募集人数に制限(50名程度)があるため、4月開催の「管内教育委員会生涯学習課長会議」において研修内容や参加対象者について説明した。さらに、5月開催の「管内教育委員会家庭教育担当者会議」において、募集人数に近づけるためにさらに検討を行ったので、当日はほぼ定員を満たす参加があった。

<課題>

  • 本研修会の目的は、今後「親の学びプログラム」を各市町、学校等で開催する家庭教育学級等で活用するための見通しを持つことにある。したがって研修会参加者に、活用状況やプログラムの効果的な活用例等の追跡調査を行い、さまざまな機会を利用して結果を紹介していく必要がある。

フォローアップ研修

参加者数(のべ人数)
区分

葛南

東葛飾

北総

東上総

南房総

合計

研修<1>

6

2

2

2

7

19

研修<2>

8

10

2

2

4

26

参加者の声
研修<1>
  • 実際にワークショップをすることで、自分の中の力を出せたように思う。他市の方の意見を聞けたのも参考になった。同じテーマに対して、それぞれ違う案が出ることに驚いた。勉強になった。[6]
  • 「すごろくトーク」のアレンジシートを自分達でつくる演習がよかった。[3]
  • 「すごろくトーク」は、いろいろな場面に活用できそうなので、活用に取り組んでみたい。[3]
  • 企画書を作る機会がなかったので、今回の研修で基本的な話が聞けてよかった。
  • 企画書は、その人の仕事での立ち位置によって変わってくると思った。
  • 企画を上手くつくるポイントをもう少し教えてほしかった。
  • 考える時間が短すぎる。少し詰め込みすぎた感じがした。
  • フォローアップ研修からの参加だったので、全体像がつかめなかった。
  • 職員の方の参加が多い中で、PTAからの参加だった。企画運営側ではなく、参加する立場なので場違いに感じることもあったが、今後、もしこういった機会があった時に生かせたらと思った。
  • 家庭教育については、学校職員に理解していただくことが必要である。今回の様な内容のままでよいので、学校職員、教頭、教務主任、中堅、若手、それぞれに実施してほしい。
研修<2>
  • 視覚に訴える効果的な文字入力の方法、素敵な文字や絵が作れること、「グループ化」の機能が学べてよかった。[19]
  • 今後、業務の中でも生かしていきたい。職場のおたより、ポスター作りにすぐに生かせそうだ。[11]
  • 特別難しい技を使わなくても、組み合わせ次第で目立つチラシが使えるのだと分かった。アイデア次第である。普段の仕事に追われて、つい前年度と同じチラシを出してしまいがちだが、チャレンジしていこうと思う。
  • 一つ一つ丁寧に確認しながら演習を進めていただいたので、とても分かり易かった。[6]
  • 自分で操作してみないと分からない部分もあるので、もう少し長い時間のプログラムでたくさんの情報をいただけるとよい。演習問題なども何度も繰り返しできるとよかった。[3]
  • 入力方法だけでなく、レイアウトを学び、実際にチラシを作成し、改善点を具体的に学べると更によかった。[6]
  • 最後に何か一つテーマを決めて、簡単なチラシを作ってみると身につくと思った。(県のHPにある親プロのデータを書き換えていくのでもよい。

 

ページの先頭へ戻る

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部生涯学習課学校・家庭・地域連携室

電話番号:043-223-4069

ファックス番号:043-222-3565

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?