ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > 健康・医療 > 健康づくり・病気予防 > 感染症対策 > 新型コロナウイルス感染症への対応について > 教育に関する情報|新型コロナウイルス感染症 > 新型コロナウィルス感染症に伴う令和元年度学年末休業までの臨時休業について(特別支援学校)

報道発表案件

更新日:令和2(2020)年3月2日

新型コロナウィルス感染症に伴う令和元年度学年末休業までの臨時休業について(特別支援学校)

発表日:令和2年2月28日
千葉県教育庁
教育振興部特別支援教育課

 

県立特別支援学校における新型コロナウイルス感染症に伴う令和元年度学年末休業までの臨時休業についてお知らせします。

1 方針について

県教育委員会は、各県立特別支援学校に対し、1年間の締めくくりとして、これまでの学習を総括するとともに、これからの休業中の学習及び生活に係る生徒への指導等を行い、家庭への周知が整い次第、速やかに臨時休業とすることを通知する。

2 内容

(1)教育活動等について

  • ア 臨時休業中は、児童生徒等は原則として自宅学習とし、各学校において適切な課題等を準備する。
  • イ ただし、保護者の受け入れ態勢が整うまで、学校で受け入れる。その際、スクールバスは必要に応じて運行し、昼食は弁当持参とする。
  • ウ 卒業式は、予行は行わず、卒業生のみの参加とするが、必要最小限の保護者の参加を認める。
  • エ 臨時休業中の児童生徒等及び保護者への連絡に、学校のホームページやメール連絡等を活用する。

(2)生徒指導等について

  • ア 児童生徒等が不安を感じた際に、学校に電話で相談できること及び相談窓口を周知し、見守りが必要な児童生徒等については、電話連絡等により状況を把握し、適切な支援を行う。
  • イ 感染拡大防止のため、児童生徒等は不要不急の外出を厳に控える。

(3)感染拡大防止について

  • ア 各学校において、全ての児童生徒等に記録表を配付し、毎日記録をさせ、症状がある場合にはメール等で報告をもらうなど、健康状態を的確に把握する。

(4)教職員の服務について

  • ア 臨時休業中においても、原則、教職員は勤務する。
  • イ 職員が勤務するに当たっては、在宅勤務や時差出勤を推進し、感染拡大防止の観点から、公共交通機関の混雑時を避けた時差出勤ができるよう配慮する。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部特別支援教育課教育課程指導室

電話番号:043-223-4045

ファックス番号:043-221-1158

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?