ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年12月2日

人間関係づくりのためのヒント集

児童生徒と先生方がお互いに信頼関係で結ばれ、子どもたち一人一人が自己実現を目指していけるよう、「人間関係づくりのためのヒント集」を作成しました。
主に学校生活のいろいろな場面で活用できるように作成したものですが、家庭や地域においても、子どもたちへの「声かけ」のヒントとしてお使いいただければ幸いです。

「人間関係づくりのためのヒント集~教室で使える10のスキル~」

1

『"大切なあなた"の中にあるもの~相手を認めて相手から引き出す~』(PDF:274KB)
目の前にいる相手を「大切なあなた」と認めてかかわっていますか?
お互いに認めあい、信頼することで、心と心が通い合い、相手の中から「すてきな"力"」を引き出すことができるようになります。

2

『心から耳を傾けよう』(PDF:307KB)
「聞いているよ」というメッセージを言葉や態度に込めて聞くことで、相手は安心して話すことができます。

3

『自分の気持ちでこたえる』(PDF:325KB)
相手と信頼関係を結ぶためには、相手に自分の気持ちを伝えることが重要です。

4

『「WHY・・・?」から「WHAT・・・?」』へ(PDF:254KB)
なぜ・・?」「なんで・・?」「どうして・・?」という聞き方より「なにが・・?」「どうしたら・・できる?」という言葉を用いて働きかける方が、相手は安心し客観的に応答することができます。

5

『沈黙もコミュニケーション』(PDF:197KB)
黙って待つことも大きな意味をもっているのです。

6

『相手に応じたアプローチ』(PDF:731KB)
相手をよく知り、相手のよいところを十分に認め、伸ばすことができたなら、きっと心地よいコミュニケーションが広がるでしょう。

7

『命令だけでは伝わらない』(PDF:225KB)
相手が納得すれば、自ずと行動に変化が起こってくるものです。

8

『心の整理に寄り添う』(PDF:719KB)
寄り添いながら心の整理を手伝うことで、相手もはっきりと認識していなかった"心の中にあるもの"を見つけてあげることができます。

9

『視点を変える言葉かけ』(PDF:479KB)
相手が積み重ねてきた事実を十分に認めることも、相手にとって大きな"励まし"になります。時には視点を変える言葉かけを心がけましょう。

10

『あたたかいメッセージの贈りもの~最後までかかわり続ける~』(PDF:892KB)
相手の良さを引き出しながら、信頼関係を深め、よりよい人間関係を築いていきたいものです。

 

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部指導課教育課程室

電話番号:043-223-4059

ファックス番号:043-221-6580

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?