ここから本文です。

ホーム > 教育・文化・スポーツ > 教育・健全育成 > 学校教育 > 学力向上 > その他の学力向上プロジェクト事業 > 「思考し、表現する力」を高める実践モデルプログラム

更新日:平成28(2016)年6月14日

「思考し、表現する力」を高める実践モデルプログラム

千葉県教育委員会では、平成15年度から県独自の学力状況調査を行い、本県の児童生徒は「思考し、表現する力」に課題があることがわかりました。

この課題を解決するために、平成20年度「思考し、表現する力」を高める実践モデルプログラムを作成しました。

「見出す」「調べる」「深める」「まとめあげる」の4つの学習プロセスで構成されています。すべての教科・領域で利用し、子どもたちの学力向上に役立てていただきたいと思います。

「思考し,表現する力」を高める実践モデルプログラムの授業の流れ

「思考し,表現する力」を高める実践モデルプログラム(PDF:790KB)

実践モデルプログラムを取り入れた指導事例

平成28年3月に指導事例を追加しました。

(1)小学校の指導事例(低学年)

(2)小学校の指導事例(中学年)

(3)小学校の指導事例(高学年)

(4)中学校の指導事例

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部指導課学力向上室

電話番号:043-223-4057

ファックス番号:043-221-6580

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?