ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年4月28日

「若手教員育成推進員」活用事業

退職校長等、豊かな教職経験を有する人を、地域に根ざした研修における指導者として「若手教員育成推進員」に委嘱し、若手教員を対象とした研修の企画・運営者として活用することで、研修の活性化を図るとともに、信頼される質の高い教員の育成を目指します。
「若手教員育成推進員」活用事業の概要(PDF:40KB)

お知らせ

1事業内容

推進員は、所管地域内の研修ニーズを把握し、必要とされる研修の企画運営等及び研修講師を担当します。

(1)人数

各教育事務所3名

(2)期間

1年※ただし、再任は妨げない。

(3)勤務形態

これについては嘱託取扱要綱によるものとする。
なお、勤務時間は1日4時間年20日勤務を原則とするが、推進員の人数等によっては、再度検討を行う。

(4)所属勤務先

当該教育事務所

(5)対象者

千葉県公立小学校、中学校及び特別支援学校を退職した教職員で、次の要件を満たす者とする。

  • ア在職中、管理職、主任職等を経験した者
  • イ勤務実績良好かつ過去において懲戒等の処分を受けていない者

(6)研修対象

県内公立小学校、中学校職員(特別支援学校小学部・中学部を含む)

2推薦基準

主として、以下の基準のいずれかを具備するものとする。

  • (1)高い専門的な知識・技能を有し、教科指導、生徒指導、進路指導等に優れた実践力を有している者
  • (2)学校経営、学級経営に精通し、顕著な成果をあげている者
  • (3)組織マネジメント、コーチング等に知見のある者

3「若手教員育成推進員」の活動内容

  • (1)地域の研修ニーズを把握する。
  • (2)地域の関係機関等と連携を図り、ニーズに応じた研修を企画運営する。
  • (3)研修講師としての人材を開拓し、自らも研修講師を務める。

 4推進員の推薦及び決定

県教育委員会(指導課)は、協議の上、各教育事務所から推薦された者を「若手教員育成推進員」として決定する。

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部指導課学力向上室

電話番号:043-223-4056

ファックス番号:043-221-6580

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?