ここから本文です。

ホーム > 教育・文化・スポーツ > 教育・健全育成 > 教育ニュース・広聴 > 教育フォトニュース > フォトニュース履歴一覧令和2(2020)年度 > 「県銚ぼうさい探究!」が令和3年度「防災教育チャレンジプラン」(内閣府等主催)に採択(2月13日発表会開催)

更新日:令和3(2021)年2月25日

ページ番号:418908

「県銚ぼうさい探究!」が令和3年度「防災教育チャレンジプラン」(内閣府等主催)に採択(2月13日発表会開催)

県立銚子高校は、学校設定教科*「防災の学び」を柱に、自助・共助の防災意識を高めるために地域に根差した探究活動を実践してきました。令和2年度、学校と地域が目標を共有のうえ、協働して安全教育及び安全管理に取り組み、文部科学大臣表彰である「学校保健及び学校安全表彰」(「学校安全」の分野)を受賞しました。そしてこの取組が「県銚(けんちょう)ぼうさい探究!」のプランとして、内閣府等主催の令和3年度「防災教育チャレンジプラン」に採択され、2月13日には、プラン発表会(Zoom発表会)が行われ、担当教諭がプランの詳細やこれまでの取組について説明しました。

  • 学校設定教科:学習指導要領で定められている教科以外に、教育上の必要から学校独自で設定できる教科

プラン発表会で担当教諭が災害時の危険な場所を考える「ジオツアー」等について説明しました。(発表会の様子はYoutubeで配信されました。)

(以降は令和2年度の取組の紹介です。)

積層図作成:地域の地形を知ることで、災害時にどのような場所が危険か考えました。

ジオツアー:銚子ジオパークと連携し、作成した積層図の範囲を歩き、どのような場所が危険か考えました。

特別授業:銚子の災害履歴、津波の行動科学、災害医療、地層・化石等について、専門家の話を聞くことで防災意識を高めました。

特別授業:銚子の地層や化石・漂着琥珀について、実物を観察しながら専門家の解説を聞くことで理解を深めました。

県銚アカデミア(生徒の探究活動の成果発表会):クラス発表会を経て選ばれた班が、課題研究の成果を全校で発表し、大学教授、銚子ジオパーク主任学芸員、銚子市危機管理室長等から好評を得ました。

 

お問い合わせ

所属課室:企画管理部教育政策課教育広報室

電話番号:043-223-4015

ファックス番号:043-224-5499

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?