サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 教育・文化・スポーツ > 教育・健全育成 > 教育ニュース・広聴 > 教育フォトニュース > フォトニュース履歴一覧平成28(2016)年度 > 県立小金高等学校は、平成28年度千葉県福祉教育推進校として、「体験授業」を実施しました。(2月6日~2月24日)

更新日:平成29(2017)年3月14日

県立小金高等学校は、平成28年度千葉県福祉教育推進校として、「体験授業」を実施しました。(2月6日~2月24日)

 本校は今年度、千葉県から「福祉教育推進校」の指定を受け、その一環として2年生の家庭科の時間を活用し体験授業を実施しました。2月6日から24日までの間、2年生の全クラスで共生社会の形成に向けて、高齢者や障害がある方への理解、そして介助や援助の仕方について、目に障害がある地元の方をはじめ、ガイドヘルパー、ボランティアの方々を講師にお迎えして生徒全員が実際に体験を行いました。授業内容は、1時間目にゲストティーチャーから日常生活でのお話を聞き、2時間目にグループに分かれ生徒がそれぞれ「車椅子体験及び高齢者体験」、「視覚障害者体験及びガイドヘルプ体験」を交代で行いました。


ゲストティーチャーからの話


点字ブロックについての説明


車椅子体験


ガイドヘルパーによる先導

視覚障害者体験
視覚障害者体験及びガイドヘルプ体験

視野を狭くしての高齢者体験
視野を狭くしての高齢者体験

高齢者疑似体験用の装具装着
高齢者疑似体験用の装具装着
(動きにくくする装具)

まとめの振り返り学習
まとめの振り返り学習

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 企画管理部教育政策課教育広報室

電話番号:043-223-4015

ファックス番号:043-224-5499

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?