ここから本文です。

更新日:平成27(2015)年3月30日

フォトニュース履歴一覧平成26(2014)年度

千葉県教育に関するホットなニュースを写真(フォト)で紹介いたします。

3月2月1月12月11月10月9月8月7月6月5月4月

 平成27年3月

千葉県指定文化財・指定書等の交付式を行いました。(3月16日)

平成27年3月16日(月曜日)、千葉県指定文化財・指定書等の交付式を千葉県庁で行いました。
千葉県教育委員会は、平成27年3月13日(金曜日)に、「小金原(こがねはら)のしし狩り資料」として「稲葉神明社(いなばしんめいしゃ)の絵馬」(八街市)を有形文化財(歴史資料)に追加指定し、新たに「日本刀の鍛錬」を無形文化財に指定しました。(「平成26年度県指定文化財の指定について」はこちら)
この日は、「稲葉神明社の絵馬」の保管者である八街教育委員会に指定書、「日本刀の鍛錬」技術の保持している松田周二氏に認定書が交付されました。

ページの先頭へ戻る

「いきいきちばっ子コンテスト『遊・友スポーツランキングちば』」の後期大賞(学校賞)の授与式が行われました。(3月12日)

平成27年3月12日(木曜日)に、流山市立流山北小学校で、「いきいきちばっ子コンテスト『遊・友スポーツランキングちば』」平成26年度後期大賞(学校賞)の授与式が行われました。
千葉県教育委員会では、本県の児童生徒の体力向上と社会性の育成を目的として、「長縄みんなでジャンプ」や「連続馬跳び」「ボールパスラリー」などの8つの運動種目に取り組む「いきいきちばっ子コンテスト『遊・友スポーツランキングちば』」を実施しています。
この日は、本年度後期(12月~2月)に参加した県内233校のうち、最も積極的に本コンテストに取組んだ流山市立流山北小学校が表彰されました。

ページの先頭へ戻る

千葉県立中央博物館展示案内「豊饒(ほうじょう)の房総」の刊行を記念し、贈呈式が行われました。(3月11日)

このたび、千葉県立中央博物館展示案内「豊饒の房総」が、「日本生命財団」の助成を受け、刊行されました。
3月11日(水曜日)には、「豊饒の房総」の贈呈式が千葉県庁で開催され、「日本生命財団」には、感謝の意を表して感謝状が贈呈されました。
「豊饒の房総」は、中央博物館内の展示資料の解説だけでなく、千葉県内の山・里・海のめぐみなど、様々な風土やその魅力を、迫力ある写真とともに紹介し、読者に物語として楽しんで頂ける編集となっています。

ページの先頭へ戻る

 平成27年2月

平成26年度「魅力ある県立学校づくり大賞表彰式・報告会」を行いました。(2月6日)

平成27年2月6日、平成26年度「魅力ある県立学校づくり大賞表彰式・報告会」を千葉県庁で行いました。
千葉県教育委員会では、他校の参考となる魅力ある取組を実施している県立高等学校を、平成20年度から「魅力ある高等学校づくり大賞」として表彰してきました。本年度からは「魅力ある県立学校づくり大賞」と改め、県立特別支援学校を対象に加えました。
この日は、「教育長賞」を館山総合高等学校、「優秀賞」を千葉商業高等学校、千葉工業高等学校、流山おおたかの森高等学校、旭農業高等学校、長狭高等学校、特別支援学校流山高等学園の6校、「『一校1キラッ!』学校概要部門優秀賞」を船橋法典高等学校、松戸向陽高等学校、印旛明誠高等学校、四街道北高等学校、鶴舞桜が丘高等学校、館山総合高等学校(定時制)、安房特別支援学校の7校が受賞しました。
表彰式後の報告会では、教育長賞と優秀賞の受賞校が、自校の魅力ある取組についてプレゼンテーションをしました。

ページの先頭へ戻る

 平成27年1月

「第5回エコスクールちばコンテスト発表会・表彰式」が行われました。(1月31日)

平成27年1月31日(土曜日)に「第5回エコスクールちばコンテスト発表会・表彰式」が千葉県総合教育センターで行われました。
千葉県では、「エコスクールちばコンテスト」を実施することにより、エコスクール活動に取り組む学校の拡大を図り、環境教育の推進及び持続可能な社会の実現を考え行動する人材の育成をめざしています。今年度は、県内小・中・特別支援学校36校が参加しました。
この日は、1次審査を通過した8校がそれぞれの活動を発表し、柏市立光ヶ丘中学校が最優秀賞を受賞しました。

ページの先頭へ戻る

千葉県立美術館が1月24日に再開館!~「開館40周年及び再開館記念式典」と「特別企画展『平山郁夫展-仏教伝来の軌跡、そして平和の祈り-』の内覧会」が開催されました。~

千葉県立美術館は、約2年間の耐震改修工事を終え、平成27年1月24日(土曜日)に再開館しました。一般公開に先立ち、前日の23日(金曜日)に「開館40周年及び再開館記念式典」と「特別企画展『平山郁夫展-仏教伝来の軌跡、そして平和の祈り-』の内覧会」が開催されました。
森田健作千葉県知事・瀧本寛千葉県教育委員会教育長と、斉藤守千葉県議会文教常任委員会委員長・熊谷俊人千葉市長などの来賓が参加して行われたテープカットの後、内覧会が行われました。
「平山郁夫展」は、平山郁夫が自らの被爆体験に基づき、仏教への深い関心と平和への祈りを込めて描いた壮大なスケールの作品93点を展示し、彼の芸術の軌跡とその旅路を紹介します。会期は3月22日(日曜日)まで。期間中には「記念対談」や「ギャラリートーク」などのイベントも開催されます。

ページの先頭へ戻る

千葉県を訪問した韓国教職員団32名の歓迎式を千葉県庁で行いました。(1月21日)

平成27年1月21日(水曜日)に、「2014-2015年ACCU(公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター)国際教育交流事業『韓国教職員招へいプログラム』」により来日し、千葉県庁を訪れた韓国教職員団32名の歓迎式を、千葉県庁で行いました。
韓国教職員団は、この日から1月24日(土曜日)まで、県内の学校等を訪問して教職員や児童生徒との交流を行うとともに、文化施設の視察や県内の家庭を訪れる「ホームビジット」等を通して千葉県の教育や文化等についての理解を深めましました。

ページの先頭へ戻る

千葉県立中央図書館主催の校外学習支援セミナーに千葉県立千葉中学校と千葉市立葛城中学校の1年生が参加しました。(1月16日)

平成27年1月16日(金曜日)に、千葉県立千葉中学校と千葉市立葛城中学校の1年生が、千葉県立中央図書館を訪れました。
この日は、午前中は千葉中の1年生80名、午後は葛城中の1年生141名が、図書館主催の校外学習支援セミナーとして実施された「講義『江戸時代の地獄絵~地獄へ落ちる人・落ちない人~』」の受講や「職員による館内説明」を体験しました。

ページの先頭へ戻る

千葉県立柏井高等学校女子バレーボール部が、「春の高校バレー2015」で全国第3位となりました。(1月10日)

平成27年1月5日(月曜日)から東京体育館で開催された「第67回全日本バレーボール高等学校選手権大会(春の高校バレー2015)」に、千葉県代表として県立柏井高等学校が出場しました。
柏井高校は、全国の都道府県代表校を相手に破竹の快進撃を続け、一昨年に続きベスト4進出を果たしました。
準決勝では大阪国際滝井高等学校(大阪府代表)と対戦し、第1セットを取られたものの、柏井バレーの真骨頂である「拾って繋ぐ粘りのバレー」を展開し、2セットを取り返しました。しかし、あと一歩及ばずセットカウント2-3で敗れ、決勝進出はなりませんでした。
最後まで全力でプレーした選手たちには、スタンドから温かい拍手が送られました。

ページの先頭へ戻る

千葉県知事賞表彰式が行われました。(1月8日)

平成27年1月8日(木曜日)に、千葉県庁本庁舎1階県民ホールで、千葉県知事賞表彰式が行われました。
千葉県知事賞は、本県の教育、学術、文化若しくはスポーツの振興又は青少年の健全な育成に貢献し、その功績が顕著な方等を顕彰しています。
この日は、平成26年に開催された世界選手権大会及びアジア競技大会において日本代表として出場し、優勝した千葉県ゆかりの6選手に本賞が授与されました。(受賞者の功績については、こちら)

 

ページの先頭へ戻る

 平成26年12月

「第35回全国中学校アイスホッケー大会千葉県選手団」が、教育長を表敬訪問しました。(12月25日)

平成26年12月25日(木曜日)に、千葉県庁議会棟1階会議室において、「第35回全国中学校アイスホッケー大会千葉県選手団」が、瀧本寛千葉県教育委員会教育長を表敬訪問しました。
この日は、県内各地から選抜された選手12名と保護者等のチーム関係者が、千葉県庁を訪れ、全国大会への意気込み等を述べました。
「千葉県選手団」は、1月22日(木曜日)から25日(日曜日)に栃木県日光市で開催される「第35回全国中学校アイスホッケー大会」に千葉県代表として出場します。

ページの先頭へ戻る

「房総の郷土芸能2014」が開催されました。(12月13日)

平成26年12月13日(土曜日)、鴨川市民会館で「房総の郷土芸能2014」が開催されました。
「房総の郷土芸能」は、民俗文化財に対する理解と関心を高めるため、各地に伝承されている民俗芸能を公開するもので、平成8年から県内各地区で行われてきました。
今回は、地域の祭礼などで行われる神楽舞や獅子舞などが、安房地区の7団体により披露され、それぞれの演目が終了するたびに、客席からは盛大な拍手が送られました。

ページの先頭へ戻る

「いきいきちばっ子コンテスト『遊・友スポーツランキングちば』」の中期大賞(学校賞)の授与式が行われました。(12月12日)

平成26年12月12日(金曜日)に、市川市立新井小学校で、「いきいきちばっ子コンテスト『遊・友スポーツランキングちば』」平成26年度中期大賞(学校賞)の授与式が行われました。
千葉県教育委員会では、本県の児童生徒の体力向上と社会性の育成を目的として、「長縄みんなでジャンプ」や「連続馬跳び」「ボールパスラリー」などの8つの運動種目に取り組む「いきいきちばっ子コンテスト『遊・友スポーツランキングちば』」を実施しています。(「いきいきちばっ子コンテスト『遊・友スポーツランキングちば』」についてはこちら)
この日は、本年度中期(7月~11月)に参加した県内138校のうち、最も積極的に本コンテストに取組んだ市川市立新井小学校が表彰されました。(「遊・友スポーツランキングちば大賞・年間大賞」についてはこちら)

ページの先頭へ戻る

「『ちばアクアラインマラソン2014』チャリティ募金贈呈式」が行われました。(12月11日)

平成26年12月11日(木曜日)に、県庁中庁舎9階企画管理部会議室で、「『ちばアクアラインマラソン2014』チャリティ募金贈呈式」が行われました。
10月19日(日曜日)に開催した「ちばアクアラインマラソン2014」では、チャリティランナップ(ランナー用の大会ロゴ入りゼッケン留め)と大会オフィシャルグッズ(大会ロゴ入りTシャツやピンバッジ等)の販売等により、ランナーの皆様等に、募金のご協力をいただきました。
この日は、ご協力いただいたチャリティ募金1,547,279円が、ちばアクアラインマラソン実行委員会から日本赤十字社千葉県支部へ贈呈されました。

ページの先頭へ戻る

 平成26年11月

「早寝早起き朝ごはんフォーラムinちば」が開催されました。(11月29日)

平成26年11月29日(土曜日)に、千葉県教育会館大ホールで、「早寝早起き朝ごはんフォーラムinちば」が開催されました。
本フォーラムでは、「みんなで取り組む子供の生活習慣づくり~世代をつなぐネットワークの構築を目指して~」をテーマに、「早寝早起き朝ごはん」を中心とした「子供たちの丈夫な体をつくり、豊かな心をはぐくむための取組」等が紹介されました。

ページの先頭へ戻る

第4回「科学の甲子園」千葉県大会が開催されました。(11月29日)

平成26年11月29日(土曜日)に、千葉県総合教育センター大ホールで、第4回「科学の甲子園」千葉県大会が開催されました。
「科学の甲子園」は、高等学校等の1、2年生を対象に、科学好きの裾野を広げるとともに、将来に向けた科学分野における人材育成の強化を図ることを目的としています。
また、本大会は、第4回「科学の甲子園」全国大会(平成27年3月、茨城県つくば市で開催)の千葉県代表選考会を兼ねており、渋谷教育学園幕張高等学校が代表に決定しました。(「第4回科学の甲子園千葉県大会の結果について」はこちら)

ページの先頭へ戻る

「平成26年度学力向上交流会」を千葉県内10会場で開催しました。(10月15日~11月28日)

千葉県教育委員会では、10月・11月に、「ちばっ子『学力向上』総合プラン」の各学校への浸透を図り、優れた授業実践や学力向上の取組についての紹介等を通して、教員の授業力等の向上を図るために、「平成26年度学力向上交流会」を開催しました。
この交流会は、各地区ごとに県内10会場で実施されました。(「ちばっ子『学力向上』総合プラン」については、こちら)

ページの先頭へ戻る

第49回千葉県学校ダンス研究発表会が開催されました。(11月26日)

平成26年11月26日(水曜日)に、千葉県総合スポーツセンター体育館で、第49回千葉県学校体育ダンス研究発表会が開催されました。
本発表会では、順天堂大学の中村恭子准教授を講師に迎え、県内各地から22校が参加し、26作品(中学校10校10作品、高等学校12校16作品)が発表されました。
各作品とも個性あふれるものが多く、ダイナミック、なおかつきめ細やかで、観るものをダンスの世界に引き込んでいました。参加した生徒たちは、日頃の保健体育での学習や部活動での練習の成果を存分に発揮してくれました。
午後には市原市立三和中学校・齋藤香教諭、市原市立八幡中学校・青栁薫子教諭を講師として「指導法発表」が行われました。「指導法発表」の後半では、八幡中学校の生徒さんとともに、「エイサー」を参加者全員で踊りました。凍えるような寒い一日でしたが、会場が一体となり大変盛り上がりました。

ページの先頭へ戻る

「光り輝く『教育立県ちば』を実現する有識者会議」の中山座長が、森田千葉県知事を表敬訪問しました。(11月19日)

平成26年11月19日(水曜日)に、「光り輝く『教育立県ちば』を実現する有識者会議」の中山理(なかやまおさむ)座長が、森田健作千葉県知事を表敬訪問しました。
本会議は、今年度5月から9月までの間に開催され、幅広い分野の専門家から教育全体に関する課題についての意見をいただきました。今後県では、この会議の内容を踏まえ、県民の皆様の意見もいただきながら、次期教育振興基本計画を策定していきます。
この日は、会議の座長を務めた中山麗澤大学学長と森田知事が、意見交換を行いました。(「光り輝く『教育立県ちば』を実現する有識者会議」については、こちら)

ページの先頭へ戻る

「煌めく(きらめく)青春南関東総体2014」での高校生活動「千葉県生徒実践委員会」のメンバーが表彰されました。(11月18日)

平成26年11月18日(火曜日)に千葉県総合スポーツセンター内の「スポーツ科学センター」で、平成26年度全国高等学校総合体育大会(インターハイ)「煌めく青春南関東総体2014」における高校生活動で、県内各地区の中心(委員長・副委員長)となり活動したメンバーに、感謝状が贈られました。
今回のインターハイでは、高校生活動として、県内各地の高校生が、大会のPR活動や参加者への記念品作製、大会運営補助等を実施しました。

ページの先頭へ戻る

「ちば夢チャレンジかなえ隊派遣事業」が、銚子市立明神小学校で実施されました。(11月13日)

平成26年11月13日(木曜日)に「ちば夢チャレンジかなえ隊派遣事業」の一環として、「千葉ロッテマリーンズ」のコーチ・スタッフが銚子市立明神小学校を訪問し、5年生(児童数40名)と6年生(児童数56名)を対象に特別授業を実施しました。
この事業は、子どもたちの夢やチャレンジを応援するために、県内トップ・プロスポーツ団体に所属する選手・スタッフを講師として学校に派遣します。体育・スポーツ活動での交流をとおして、広く子どもたちにスポーツの楽しさを体験させることを目的にしています。

ページの先頭へ戻る

「平成26年度教育功労者表彰式」が行われました。(11月4日)

平成26年11月4日(火曜日)に、「ホテルポートプラザちば」で「平成26年度教育功労者表彰式」が行われました。
「平成26年度教育功労者表彰」は、千葉県内で、教育、学術又は文化の振興に関し、特に功績が著しかった個人や団体を、教育功労者として表彰するものです。
この日は、「教育行政の部」「学校保健の部」「芸術文化の部」「社会教育の部」「学校教育の部」の5つの部門で、合わせて120の個人や団体が表彰されました。

ページの先頭へ戻る

「ユネスコスクール世界大会」参加生徒らが、大会に先立ち、知事を表敬訪問しました。(11月4日)

平成26年11月4日(火曜日)に、「ユネスコスクール世界大会」参加生徒らが、大会に先立ち、森田千葉県知事を表敬訪問しました。
「ユネスコスクール世界大会」は、11月6日(木曜日)から8日(土曜日)に岡山県岡山市で開催され、世界各国の高校生が、ESD(持続可能な開発のための教育)をテーマに議論を重ねました。
この大会には、県内のユネスコスクール加盟高校10校のうち、千葉県立千葉東高等学校、千葉県立佐倉南高等学校、渋谷教育学園幕張高等学校、市川学園市川高等学校の4校が、関東地区代表として参加しました。

※ユネスコスクール…ユネスコ憲章に示されたユネスコの理念を実現するため、平和や国際的な連携を実践する学校。(「ユネスコスクール」「ESD」についてはこちら、「ユネスコスクール公式ウェブサイト」へ)外部サイトへのリンク

 

ページの先頭へ戻る

 平成26年10月

平成26年度第67回秋季関東地区高等学校野球大会(千葉県で開催)の開会式が、QVCマリンフィールドで行われました。(10月25日)

平成26年10月25日(土曜日)にQVCマリンフィールドで、平成26年度第67回秋季関東地区高等学校野球大会の開会式が行われました。
第67回秋季関東地区高等学校野球大会は、10月25日(土曜日)~29日(水曜日)の5日間、千葉県内のQVCマリンフィールド・千葉県野球場・ゼットエーボールパークの3球場で、関東地区の各県の代表15校が出場し、開催されました。千葉県代表として、木更津総合高等学校・千葉県立松戸国際高等学校・千葉黎明高等学校の3校が出場しました。
また、開会式後、QVCマリンフィールドでの第2試合(13時00分試合開始)では、栃木県立宇都宮南高等学校対千葉県立松戸国際高等学校が行われ、1対4で松戸国際高校が快勝しました。(大会の組み合わせや結果等についてはこちら)外部サイトへのリンク

ページの先頭へ戻る

 「平成26年度工業教育における国際交流事業」で、ベトナム研修員4名が千葉県を訪れました。(9月15日から10月4日まで)

平成26年9月15日(月曜日)から10月4日(土曜日)の期間、「平成26年度工業教育における国際交流事業」で、ベトナム・ハノイ工業職業訓練短期大学・機械科の教員4名が、研修員として千葉県を訪れました。
「工業教育における国際交流事業」は、千葉県教育委員会が、平成25年度に国際協力機構(JICA)の「草の根技術協力事業」の委託を受け、3年間にわたり、工業教育におけるベトナムとの相互交流を実施するものです。
4名の研修員は本県に滞在し、県内の工業高校等で、旋盤技術や指導法等の研修を行いました。

ページの先頭へ戻る

千葉県立佐倉高等学校ESS部(英会話部)員が、佐倉市立佐倉東小学校で、5年生の「外国語活動」の時間に英語の指導を行いました。(10月3日)

平成26年10月3日(金曜日)に、千葉県立佐倉高等学校ESS部(英会話部)員9名が、近隣の佐倉市立佐倉東小学校で、5年生の「外国語活動」の時間に英語の指導を行いました。
この日は、小学生に英語に親しんでもらうために、英語の歌を歌ったり、かわいいイラストが書かれたボードを使いながらアルファベットの練習をしたり、簡単な英単語を使った「英語かるた」をしたりしました。
ESS部員たちは、日頃の活動で積み重ねた英語力をいかし、小学生に楽しく英語を学んでもらうことができました。

ページの先頭へ戻る

 平成26年9月

千葉県立千葉商業高等学校で「日本政策金融公庫職員による出張授業『THE☆ビジネスプラン二ング』」が行われました。(9月17日・24日)

平成26年9月17日(水曜日)、24日(水曜日)に、千葉県立千葉商業高等学校で、商業科流通ビジネスコースの3年生を対象に、「日本政策金融公庫職員による出張授業『THE☆ビジネスプランニング』」が行われました。
この授業は、「日本政策金融公庫」が主催する「創造力、無限大∞第2回―高校生ビジネスプラン・グランプリ―」への参加に向けた取組の一環として行われました。
それぞれが立てたビジネスプラン(事業計画書)を、10名程度のグループに分かれて話し合い、ブラッシュアップ(練り上げ、磨き上げ)を図ります。これらの学習活動を通して、生徒の起業家精神を刺激し、一人一人の問題解決能力を高めることをねらいとしています。
24日(水曜日)には、加藤勝信内閣官房副長官、細川興一日本政策金融公庫総裁が視察に訪れ、千葉県教育委員会からは瀧本寛千葉県教育長らが参加しました。

ページの先頭へ戻る

平成26年度「全国高等学校総合体育大会」と「全国高等学校体育連盟主催・共催の全国大会」の優勝チーム、優勝者による優勝報告会が開催されました。(9月11日)

平成26年度に千葉県、東京都、神奈川県、山梨県の南関東4都県で全国高等学校総合体育大会(インターハイ)、東京都で定時制通信制大会、広島県で全国ライフル射撃競技選手権大会が開催されました。
この3つの全国大会での優勝チーム、優勝者による優勝報告会が、9月11日(木曜日)に千葉県庁本庁舎1階多目的ホールで開かれ、森田県知事から祝福の言葉がおくられました。
選手たちの今後の活躍が期待されます。

ページの先頭へ戻る

 平成26年8月

「ちば夢チャレンジ・パスポート・プロジェクト2014」が行われました。(8月9日~24日の間の5日間)

「ちば夢チャレンジ・パスポート・プロジェクト2014」が夏休みの5日間(8月9日、19日、21日、23日、24日)に開催されました。
このプロジェクトは、子どもたちがスポーツへの夢やあこがれを抱けるよう千葉県教育委員会と千葉ロッテマリーンズとの初の連携事業として実施する、スポーツを通じた「キャリア体験プログラム」です。この夏休みに県内から多くの児童がQVCマリンフィールドに集まりました。

ページの先頭へ戻る

第61回全国高等学校定時制通信制軟式野球大会で、千葉県立市川工業高等学校(定時制)が、昨年度に引き続き、第3位(ベスト4)に輝きました。(8月19日~22日)

平成26年8月19日(火曜日)~22日(金曜日)の期間に、第61回全国高等学校定時制通信制軟式野球大会が、明治神宮野球場をメイン会場として開催され、千葉県代表として千葉県立市川工業高等学校(定時制)が出場しました。
市川工業高校は、熱戦の末、昨年度の大会に引き続き、3位(ベスト4)という素晴らしい成績をおさめました。

ページの先頭へ戻る

「第65回関東甲信越静学校保健大会」が千葉県で開催されました。(8月21日)

平成26年8月21日(木曜日)、幕張メッセ国際会議場において、「第65回関東甲信越静学校保健大会」が開催されました。
この大会は、「『生きる力』をはぐくむ健康教育を目指して」をテーマに、幼児・児童・生徒の心と体の健全な発育・発達のため、「健康教育の当面する課題」について研究協議するもので、教職員や学校医、学校歯科医、学校薬剤師のほか、教育委員会、学校保健会の職員など、健康教育関係者約1,200人の参加者で実施されました。

ページの先頭へ戻る

「平成26年度第1回千葉県高校生留学フェア」が行われました。(8月1日)

平成26年8月1日(金曜日)に、「平成26年度第1回千葉県高校生留学フェア」が、千葉市内「きぼーる」13階会議室で行われました。
「千葉県高校生留学フェア」は、今年度はじめて開催され、グローバル化に対応し国際社会で活躍できる人材を育成することを目的としています。千葉県内の中学生や高校生を対象に、留学の魅力や留学するまでの方法等を紹介しました。

ページの先頭へ戻る

 平成26年7月

第96回全国高等学校野球選手権千葉県大会が開催されました。(7月11日~26日)

平成26年7月11日(金曜日)から7月26日(土曜日)まで、第96回全国高校野球選手権千葉県大会が開催され、夏の甲子園大会出場を目指した高校球児たちの熱い戦いが繰り広げられました。

ページの先頭へ戻る

いきいきちばっ子コンテスト「遊・友スポーツランキングちば大賞」(前期)授与式が行われました。(7月15日)

平成26年7月15日(火曜日)に「いすみ市立大原中学校」で、「いきいきちばっ子コンテスト『遊・友スポーツランキングちば大賞』」平成26年度前期の授与式が行われました。
「いきいきちばっ子コンテスト『遊・友スポーツランキングちば』」は、県内の公立小学校・中学校・高等学校、特別支援学校の児童生徒が「長縄みんなでジャンプ」や「連続馬跳び」「ボールパスラリー」などの8つの運動種目に取り組み、体力向上と社会性の育成を目的としています。(「いきいきちばっ子コンテスト『遊・友スポーツランキングちば』」についてはこちら)
この日は、県内で最も積極的にコンテストに取り組んだ「いすみ市立大原中学校」に学校賞として「遊・友スポーツランキングちば大賞」が授与されました。(「遊・友スポーツランキングちば大賞・年間大賞」についてはこちら)

ページの先頭へ戻る

王貞治氏が森田千葉県知事を表敬訪問しました。(7月14日)

平成26年7月14日(月曜日)に、「第25回世界少年野球大会」の千葉県開催を依頼するために、王貞治氏が森田知事を表敬訪問しました。
「第25回世界少年野球大会」は平成27年8月に開催の予定で、野球を普及させるとともに世界の子どもたちに友情と親善の輪を広げることを目的に、世界中から少年少女を招待し、野球教室や国際交流試合を行います。今年度は愛媛県松山市で開催されます。
王貞治氏は、この大会を主催する「一般財団法人世界少年野球推進財団」の理事長として、「世界の子どもたちの一生の思い出に残る大会にしたい」と意気込みを語りました。

ページの先頭へ戻る

「ちばアクアラインマラソン2014」100日前イベントを開催しました。(7月12日)

平成26年7月12日(土曜日)、ちばアクアラインマラソン2014の100日前イベントを三井アウトレットパーク木更津で開催しました。
森田健作千葉県知事のほか、新たに同マラソンPR大使に就任した吉木りささんが紹介され、ハーフマラソンの出場も発表されました。
また、県立袖ヶ浦高校書道部のパフォーマンスや、フラスタジオ「ヘネヘネ」のフラダンスも披露され、イベントを盛り上げました。

ページの先頭へ戻る

千葉ロッテマリーンズ観戦・体験チケット寄贈式が行われました。(7月3日)

平成26年7月3日(木曜日)に千葉県庁において、千葉ロッテマリーンズ観戦・体験チケット寄贈式が行われ、森田県知事に、千葉ロッテマリーンズの山室晋也社長から、小学生招待券15,000枚が寄贈されました。
これは、今年度からスタートした「トップ・プロスポーツ活用連携事業」の第1弾、「ちば夢チャレンジ☆パスポート・プロジェクト2014~スポーツを通じたキャリア教育体験プログラム~」として、小学生が千葉ロッテマリーンズの試合観戦をするほかに、普段は見られない球場内の施設見学をしたり、選手を支えるスタッフの仕事を体験したりすることで、「スポーツへの夢やあこがれをもってもらう」ことをねらいとしています。(「ちば夢チャレンジ☆パスポート・プロジェクト2014」)

ページの先頭へ戻る

 平成26年6月

「ちばアクアラインマラソン2014ご当地キャラクター応援団結成式」を開催しました。(6月14日)

平成26年6月14日(土曜日)、ちばアクアラインマラソン2014における「ご当地キャラクター応援団」の結成式を「県民の日!ちば笑顔まつり」の会場(県文化会館前広場)で開催しました。

結成式には、森田健作千葉県知事のほか、同マラソンPR大使でアイドルグループNMB48の藤江れいなさん、県内各地のご当地キャラクターが出席しました。

応援団長を決めるキャラクター同士のじゃんけん大会では、富津市のマスコットキャラクター「ふっつん」が優勝、見事応援団長に就任しました。

ページの先頭へ戻る

 平成26年5月

「子育てサロンin若松高校」が行われました。(5月30日)

平成26年5月30日(金曜日)に「子育てサロンin若松高校」が行われました。
この事業は、乳幼児とのふれあいを通して、子育ての楽しさや子どもの成長について、高校生が体験的に学ぶことを目的にしています。
2年生の「家庭基礎」の保育分野の学習の一環として、平成24年度から行われており、若松高校及び千葉市社会福祉協議会の若葉区事務所、同若松地区部会の3者の共催で、6月25日(水曜日)までに、全8回、2年生全てのクラスで行われます。
今年度2回目のこの日は、2年G組(生徒数40名)が、若松高校内のセミナーハウス松栄館に母子34名を招いて、活動を行いました。

ページの先頭へ戻る

平成26年度千葉県教職員初任者研修第1回校外研修会(開講式)並びに合同研修が実施されました。(5月13日)

平成26年5月13日(火曜日)、平成26年度千葉県教職員初任者研修第1回校外研修(開講式)並びに合同研修が、千葉県文化会館で行われました。諸橋省明副知事をはじめ、金本正武教育委員長、瀧本寛教育長の講話がありました。初任者1,794名が参加し、職務の重さを自覚するとともに、決意を新たにしました。

ページの先頭へ戻る

 平成26年4月

平成25年度新指定文化財の指定書の交付式を行いました。(3月17日)

平成26年3月17日(月曜日)に、平成25年度に千葉県教育委員会が指定した千葉県指定文化財の指定書の交付式が行われました。今回は3月4日に指定された有形文化財(考古資料)3件のうち1件(香取市所有)について、瀧本教育長から所有者である香取市の担当者に指定書が手渡されました。なお、他2件は千葉県の所有です。

ページの先頭へ戻る

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:教育庁 企画管理部教育政策課教育広報室

電話番号:043-223-4015

ファックス番号:043-224-5499

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?