サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成31(2019)年3月12日

魅力発見!【県立旭農業高等学校】平成31年3月12日

県立旭農業高等学校外部サイトへのリンクは、明治43年に千葉県海上郡立農業学校として創立。2020年に創立110年目を迎える伝統校です。平成30年度から、生産技術科と生活科学科を園芸科、食品流通科を食品科学科に学科改編し、従来の畜産科と合わせ、3学科4クラスの県内唯一の単独農業高校へと生まれ変わりました。「至誠」「勤勉」「剛健」を校訓に掲げ、農業後継者育成プロジェクトを始めとする農業高校ならではの体験的な学習を通して、地域社会のリーダーとして地域産業の発展に貢献できる生徒の育成を目指し、地域から信頼され必要とされる学校づくりを行っています。

魅力発見!【県立旭農業高等学校】紹介記事

  • 掲載内容については、更新日時点のものです。

畜産科
「育ててわかる生命。さわって実感する喜び。」をスローガンに、生命の科学を学ぶとともに、ウシ・ブタ・ニワトリ・愛玩動物について実習を中心に幅広く学びます。

園芸科
「自然に学ぼう。農業を学ぼう。」をスローガンに、野菜・果樹・草花・造園・フードデザインのコースがあり、農産物の生産から流通について体験的に学びます。

食品科学科
製造コースでは、パンやジャムなどの加工を体験的に学習し、実践的な力を身につけます。情報コースでは、簿記やパソコンの資格取得を目指します。

地域とともに歩む
授業で学んだ知識や技術を生かし、高校生が先生役となり、近隣の幼稚園や小学校へイモ掘り・稲づくりなどを教える食育活動を推進しています。

後継者育成プロジェクト
農業後継者育成プログラムとして、夏季休業中に長野県の高原野菜農家での宿泊実習や期末テスト後に地元農家と連携した農家実習を実施しています。

復興支援プロジェクト
東日本大震災の被災地である旭市の復興をめざし、復興住宅の方々に学校で栽培した新米の配布や花壇の植栽活動・防災についての研修などの活動を行っています。

グローバル化に向けた国際文化交流
ブルガリア大使館を訪問し、生徒が栽培したビオラを植栽しました。また、ブルガリアからの留学生も文化祭に参加し、積極的な文化交流を行っています。

旭農祭(文化祭)
本校で収穫した野菜や米、シクラメン、卵の販売やPTAによる野菜販売等が行われます。また、食品科学科のパン・ジャムなど農業高校の特色を生かした食品販売も行っており、地域の方々にご好評を頂いています。

 

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 企画管理部教育政策課高校改革推進室

電話番号:043-223-4026

ファックス番号:043-224-5499

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?