ここから本文です。

更新日:平成26(2014)年2月20日

Q&A(用語説明)-県立高等学校再編計画

Q-1学科とは何ですか

学科とは、一定の教育目的に従って教科群(国語、数学、理科、農業、工業、商業など)を編成したもので、普通科、専門学科、総合学科があります。

(1)普通科(普通教育を主とする学科)
国語、地理歴史、数学など、10の普通教科があり、その中から31単位以上履修しなければなりません。

  • (2)専門学科(専門教育を主とする学科)
  • 農業、工業、商業など、7学科があり、それぞれに専門科目があります。25単位以上の専門科目を履修しなければなりません。
  • (3)総合学科(普通教育及び専門教育を選択履修を旨として総合的に施す学科)
    「産業社会と人間」という科目を入学年次に履修します。適性や進路等に合わせて、豊富な科目から選択して学習します。

Q-2連携型中高一貫教育校とは、どんな学校ですか

連携高校に連携中学校から進学する際、面接等のいわゆる簡便な入試で入学できます。

6年間を通して生徒の個性や能力の一層の伸長を図り、特色ある教育内容、例えば、郷土に関する学習を展開していきます。

中学校・高校の系統的な学習、異学年集団での体験学習や学校行事等を通して、教員間や生徒の交流を深めます。

Q-3類型とは何ですか

例えば、文系・理系等のように、生徒が自己の特性、進路等に応じ、学習に計画性、継続性が持てるよう、学校が独自に各教科・科目をあらかじめ配列したものです。

Q-4スクーリングとはどんな制度ですか

通信制課程において、生徒が登校し、面接指導など、直接教師の指導を受けて学習することをさしています。

現在、千葉東高校の通信課程では、年間16回程度のスクーリングを実施しています。

なお、スクーリング以外で学校へ登校するのは、入学式・始業式・文化祭などの学校行事や定期試験などがあります。

Q-5定通併修とはどんな制度ですか

定通併修とは、定時制の生徒が通信制高校で、又は通信制の生徒が定時制高校で、一定の科目を履修し、修得した単位を卒業単位に加えることができる制度です。これにより、3年間での卒業も可能になります。

Q-6通信制協力校とはどんな制度ですか

  • (1)通信制高校から遠距離にある高校を「通信制協力校」に指定し、生徒がそこでスクーリング(面接指導)や定期試験を受けられる制度です。
  • (2)今回の再編計画では、県内の定時制高校を原則として通信制協力校とし、生徒の勤務場所や住居に近い場所でのスクーリング等を可能にする計画です。

Q-7総合技術高校とはどんな高校ですか

(仮称)総合技術高校は、複数の職業系専門学科(農業科・工業科・商業科などのいわゆる大学科)を併置し、学科の枠を越えた学習も可能にすることで専門分野の学習に深みと幅を与え、生徒の興味・関心や学習希望・進路希望などの多様化に対応できる高校です。

総合技術高校についての法的な定めがあるわけではありませんが、以下のような違いがあります。

大学科を複数持つ高校

  • 専門学科(小学科)ごとに募集する
  • 専門教科の系統的学習のため学科ごとの学習活動となる
  • 一部選択科目を設定している
  • 学科ごとに資格認定を受けられる

(仮称)総合技術高校

  • 入学試験は大学科ごとの一括募集(くくり募集)などを実施し、半年程度の基礎課程の後に専門学科や類型を選択する
  • 専門教科の系統的学習と学科の枠を越えるなど幅広い選択学習ができる
  • 系統的学習を重視する学科・類型は資格認定を受けられる

Q-8単位制とはどんな制度ですか

単位制高校とは、学年の区分がなく、生徒が自らの興味・関心や進路希望等に応じて履修する科目を選択し、修得単位数の合計が、卒業に必要な単位数を満たせば卒業できるシステムの高校です。

修業年限は、全日制の課程は3年、定時制及び通信制の課程は3年以上です。

全国には、516校(全日制294校)の単位制高校があります。(平成15年度)

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 企画管理部県立学校改革推進課高校改革プラン推進室

電話番号:043-223-4019

ファックス番号:043-221-8124

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?